UbuntuにArduino IDE(1.8.10)インストール(と、M5Stackの話)

久々にM5Stackをいじろうとしたら、結局Arduino IDEのバージョンアップをすることになったのでやったこととかメモ。

 

増殖したM5Stackが最近はその名の通り積み状態になっているので、そろそろやりたかったことを片付けていくかと思っている。
そこで久々にArduino IDEでM5Stackを使うためgithubからコードをダウンロードしようと見に行ったら、むちゃくちゃ充実して読みやすくなっていた。

サンプルというか、実際にM5Stackを使った事例にリンクされていてとても助かる。

 https://github.com/m5stack/M5Stack/blob/master/docs/getting_started_ja.md

しかしやりたいことが増えて困る。
ただ、githubでもドキュメントのところはリンクが切れてるところもあったりするので、マニュアルは公式のホームページを見たほうが良い。


ダウンロードしたスケッチを使うのにArduino IDEを起動しようとしたところ、いつの間にかバージョンアップされているのに気付いた。
 https://www.arduino.cc/en/Main/Software
現時点で1.8.10。
前のは今のMac OSに合ってないと警告が出たけど(でも使えた)、これで問題なくなった。

問題はUbuntuへのインストール。
毎回なにかしら問題が起きるのでちょっと怖いが、いつも通り行ったコマンドは以下の通り。。
 $ tar Jxfv arduino-1.8.10-linux64.tar.xz
 $ cd arduino-1.8.10
 $ ./install.sh

すると、

 

 Adding desktop shortcut, menu item and file associations for Arduino IDE...

 rm: '/usr/local/bin/arduino' を削除できません: 許可がありません

 Removing symlink failed. Hope that's OK. If not then rerun as root with sudo.

 

 rm: '/usr/local/bin/arduino' を削除できません: 許可がありません

 Removing symlink failed. Hope that's OK. If not then rerun as root with sudo.

 

 ln: シンボリックリンク '/usr/local/bin/arduino' の作成に失敗しました: ファイルが存在します

 Adding symlink failed. Hope that's OK. If not then rerun as root with sudo.

  done!

 

…やっぱりか。

というわけで、また

 $ sudo ./install.sh

でインストール。今度は、

 

 Adding desktop shortcut, menu item and file associations for Arduino IDE...

  done!

 

エラーもなく完了。

前のバージョンは怪しいエラーが出たまま使ってたから、今回はすっきりした。

動作に問題がないならせっせとバージョンアップする必要もないけど、M5StackというかESP32関連は設定がこっそり変わってることがあるので、やっぱり新しいバージョンの方が安心だと思います。

Sponsered Link

ニキシー管時計(もどき)

買い物メモなので、先日買ってどうしようか持て余してるのも載せておく。

以前からニキシー管のデジタル時計を作るのが野望(?)だったんだが、お試しで安いのを買ってみた。

 

まず、ニキシー管を光らせるために購入したもの。

AliExpress.com Product - dykb 1-bit integrated glow tube clock FOR QS27-1 clock glow tube DS3231 nixie clock Built in Boost module

しかしニキシー管本体は付いてこないので、別途購入。

AliExpress.com Product - 1PCS/LOT HIFI tube QS27-1

これで組み合わせて完成。

ニキシー管は当然オレンジ色だけだけど、土台のLEDの色が変化する。結構キレイ。

 

これはこれで完成されちゃってるので、もうカスタムしようがなくて逆に困ってる。

どうせならもう1ビットだけじゃなくて、ちゃんと時計として使える桁数のを買っても良かったかな。

 

ただ、よく見ると裏面にTXD、RXD、GNDの端子がある。

ここからデータ引っ張り出すかなんかして、シリアル通信できるのかな?という感じ。

これを使ってなんかしてる人の前例があるといいんだけど。

宿題増えるけど、探してみるかな。

Sponsered Link

ONE NETBOOK One Mix 1S(保護フィルム)

最近(に限らず)、すっかり買い物メモ状態。

 

ちょっと前に買ったOne Mix 1S用に、保護フィルムを購入。
いつものPDA工房の楽天市場店。
ホントにどんな機種のフィルムもあって助かります。
ebayでもよく買ってるところがあるんだけど(GPD WINのときにはお世話になった)、One Mixシリーズのはあまり見かけないので国内で買えたのはよかったです。

 

購入したのはいつもの低反射のやつ。

amazonのも、一応。

値段は変わらないか。

そういえば消費税分高くなっちゃったんだな。

 

実際にはOne Mix 2用なんだけど、画面サイズが全く同じなので大丈夫です。
しかし貼るときに上下間違えた…角がはみ出たんでおかしいと思ったんだ。
でもあんまり影響ないです。ちょっと角切ったけど。

 

タッチパネルになってるのに、Teclast F5と違いOne Mix 1Sには購入時フィルムは貼ってなかった。
でもそれほど反射が気になる画面ではないので、そのまま使ってたんだけど…ちょっと布で拭いたとき、擦り傷が軽く付いてしまった。
ちゃんと専用の柔らかい布で拭けばよかったんだけど、ついうっかり。

なので今さらだけど保護フィルム貼って、ついでに傷も気にならないようにしたという感じ。

 

100均の大きめの保護フィルムを買ってもいいんだけど、良いのを買うと貼るとき多少空気が入ってもいつの間にか抜けてくれるし、画面も目に優しくなるしでやっぱり値段だけの価値はあると思います。

Sponsered Link

Lichee Pi (その2)

全然進展してないLichee Pi 絡みの話、調べたことを一応メモ。

それとカテゴリをまた追加。

「Maixpy関連」として、SiPEEDのボードを中心にしたカテゴリにしました。

Lichee PiはあんまりMaixpyは関係ないけど、SiPEEDの出してるボードなのでこのカテゴリにしておきます。

 

(11/17追記)

さらに、「Sipeed関連」にカテゴリ名を変えました。

 

で、Lichee Piについて調べてること、続き。

あちこちに情報が散らかってるので、なかなかまとめられません。

日本語で書いてある情報も見つかるけど、(予想できたこととはいえ)あんまり使い勝手が良さそうとは言い難い感じなので、正直これ以上の進展はなさそうな感じ。

 

とりあえずhttps://licheepizero.usに置いてある資料の中で、最初に読んでみると良いかも、なテキスト。

 https://licheepizero.us/downloads/readme_en.txt

必要なファイルのダウンロード先は「http://pan.baidu.com/s/1kVbsmQN」となってるんだけど、baiduからダウンロードするときはいろいろ面倒。

でも調べてみたら、githubにも置いてあった。

 https://github.com/louiscklaw/licheepi_workspace

たぶん同じものじゃないかな?

ファイル類はこちらからダウンロードすることにした。

 

またちょっと違うDoc型のもあるんだな。これもいずれ欲しい。

これについては、なぜかArmbianのフォーラムで語られてる。

 https://forum.armbian.com/topic/9081-lichee-pi-zero/

みんな苦労してそうだ。

 

とにかくボードに接続するLCDがないと使えないかな…と思い、またAliExpressで探そうと思ってる。

今目を付けてるのは以下。

AliExpress.com Product - Micro USB Lichee Pi Zero Allwinner V3S ARM Cortex-A7 Core CPU Linux Development Control Board 512Mbit DDR2 Integrated DIY Kits

 

セットで買うんじゃなくて、LCDだけ頼むのもありかな。

8月のセールで散財しすぎたので、11月のセールの時に安くならないかなと狙ってます。

Sponsered Link