Archos GamePad(その6)

また海外のフォーラムからですが。

rootを取ったカスタムファームが公開されてます。
ここのフォーラムはアカウントがないとリンク先に飛べないようです。

ファームの内容は、ホントにroot化しただけで他のカスタマイズはされてないようなので、今のところ見送り中。
それに公式のupdata.imgだと内部ストレージのルートに置くだけで自動的にアップデートしてくれるようだけど、これはRockchip batch toolを使ってPCに接続してインストールするしかない。
(OSはWindows7のみらしい)

この手のバージョンアップ方法は、以前NOVO7 Fireを文鎮化させた思い出があるのでちょっと苦手…。
Sponsered Link

Archos GamePad(その5)

海外のフォーラムから、ちょこちょこと情報かき集めてます。

さすがにもう分解する人はいないと思いますが…。
参考までに、GamePadの殻割り画像。

あとは気になる情報。
ここらへんを見てると、11月頃のファームウェアにはバグがあるような話が書いてあります。
ボタンがダブルタップになってしまうみたいですが、自分のところでは気付いてませんでした。(そこまで使ってないからか…)
現在公式ホームページに上がっている、昨年の12/27版のファームでは直っているようです。

また、今のところ公式ファームでは外部SDカードにアプリを移すことはできないようです。
そんなに問題になることじゃないと思ってたけど、ゲームをSDカードに移して容量を確保したい人もいるようで。
その辺りの対処法も探してみる事にします。
Sponsered Link

Archos GamePad(その4)

肝心の、ゲームで遊ぶ場合の設定について。
ゲーム時のボタン設定方法は、ascii.jpにレビューが上がってました。
ゲームが始まってから設定しないといけないので、最初のロスが気になる。
(まあゲームだけ最初からやり直せばいいんだけど)

設定方法はGamePadの中にもムービーが入っています。(Archos Videoというアプリを起動してみると出てきます)
といってもやり方はとっても簡単。画面下のゲームパッド型アイコンをクリックして設定画面を出して、黒丸みたいなのを好きなところに動かして置いて、そこにアサインしたいボタンを押す。
アプリごとに設定を記憶してくれます。

やっぱりボタンを押すというのは、画面をタップするより安心感があります。
普段PSP使いの自分にとってはすごくありがたい。

自分がよくやってるのはこれ
ジャンプのときに画面タップというすごく単純なゲームなんですが、このタップがボタン押しになっただけで意外と楽です。
両手にタブレット持って操作するというのが普通にできる、というだけなんだけどやっぱり違う。
画面タップが面倒になってきたので、リプライや次のステージへのアイコンにも全部ボタン設定してしまった。
そんなにゲームするつもりで買ったわけじゃないけど、もっと遊んでもいいかもという気がしてきた。

あと、本来の使い方からは離れるけど、koboアプリで画面タップでページめくりするのをボタンに割り付けしておくとこれまた楽。
だけど、肝心のkoboアプリが使いにくいのが難点。(個人的にはkoboTouch使ったほうがいい)

アプリのマーケットにはゲーム機のエミュレータのアプリがいくつも上がっているので、古いゲームのデータがある人はそれを使うのもいいかも。
しかしPSPのエミュレータもあるんだけど、どうしろと…。
Sponsered Link

Archos GamePad(その3)

GamePadのスクリーンショットを載せてますが、この画像ファイルを取り出すのに実は苦労しました。
内蔵ストレージを見ようとPCに繋げても、緑のドロイド君→赤のドロイド君にするあの画面が出てきません。タップすると USB接続のメニューは出てくるんですが、一瞬だけ。
なので「メディアデバイスとして接続」をクリックしてみましたが、「設定」内のメニューに飛ばされます。
この画面でGamePadをメディアでバイスと認識させるかカメラと認識させるか、どちらかを選んでおきます。
普通にストレージ内を見たいだけなので、メディアでバイスのほうに記載されてる飛んで「Android File Transfer」をダウンロード。
PC(自分の環境はMac)にインストール。
インストール後、PCもGamePadも再起動してください。そのほうが安定します。
Macに登場したドロイド君のアイコンをダブルクリックすると、アプリが起動してタブレットの内蔵ストレージを見ることができるようになります。

ずっと中華パッドでroot取れてるのばかり相手にしてたので、縛りがきついと違和感があります。
ちなみにMacの人はカメラを選択しておくと、pictureフォルダーに入っている画像をiPhotoで見ることができます。
ただし、「設定」の「開発者向けオプション」の「USBデバッグ」にチェックが入っていると見る事ができない。
これに気付かなくてしばらく悩みました。

あと、アプリ関連の話。
初めての起動時の設定で、サードパーティのアプリを入れるか聞かれたので、yesを選択して入れてしまっている。正直いらなかったかも。(あの怒ってる鳥のゲームとか)

いつも入れてるアプリはradikoが入れられなかった。
root取って端末名偽造すればいいんだろうけど、中華パッドと違って使い勝手悪くないので飽きてからにする予定。
らくデジは入ったので、地デジは見ることができそう。室内じゃあいかわらず電波は届かないけど、アンテナの認識はしている。
当たり前だけど一応、ゲーム以外のソフトも普通に使えるかな。
Sponsered Link

Archos GamePad(その2)

もうちょっと紹介。
箱の中身、本体以外。取扱説明書が意外と厚くてびびった。

そういえば本体の厚みはNOVO7 Fireと同じぐらい。思ったよりも厚いけど、軽い。NOVO7 Fireと重量同じ(ぐらい?)のはずなので、自分の印象だけかな。
画面に保護フィルムの類は貼ってなかったので、100均でiPad用のフィルム買ってきて切って使ってます。

起動は25秒前後。あんまりストレスは感じません。
とりあえずホーム画面のスクリーンショット。下のほうにゲームのボタン設定用のアイコンが出てる。

日本語化済みだけど、設定内のタブレット情報。これを見る限り11/29版。
公式のホームページでダウンロードできるファームウェアは去年の12/27にアップロードされていたもの。
なので最新ではないですね。2月に他の国で発売されるようになったということは、変わるのは次の出荷ぐらいからかな。
最新ファームウェアは
上記からGamePadを選択してファームをダウンロード後、内蔵ストレージのルートに置いて再起動すれば勝手に見つけてインストールしてくれるらしい。
けど、さすがにまだやらない。(今のところ安定してます)

Antutuベンチマークの結果。悪くないと思う。

余談ですがこのGamePad、電源落とした状態でPC(Macですが)に繋ぐと、電源入ってしまいます。
でもS18のときと違うのは、PCのマウスやキーボードが使えなくなることはない点。
(この値段のタブレットでそんなこと起きたら叩き割るけど)
Sponsered Link