Ployer MOMO9 加強版(その4)

前回初期化されたmomo9をAndroid4.03にバージョンダウン、さらにカスタムファームをインストールすることにしました。

バージョンダウン後、Googleアプリは入っていたのでとりあえずroot化するためにSuperUserをダウンロード、インストール。
でも、またバイナリのバージョンアップに失敗、「気に入った、もう一回」のループに。
なのでさらにSuperSuをインストールして起動、これでようやくroot化に成功。
USB接続してNOVO7 Toolsをインストール、CWM Recovery 5 ICS内のrecovery.imgもコピー。
ようやくリカバリモードの準備が完成。

今回カスタムファームはKangbookを入れることにしました。設定項目が豊富ということなので。
wipeしてSDカードからKangBook.zipとgapps-ics-20120429-signed.zipをインストール。
その後リブートしてから画面が出てくるまでの時間が長くて焦りましたが、無事起動。

アプリをいろいろ入れてみたのですが、ふと思いついてLDT-1SA01用のアプリ「らくデジ」をインストールしてみました。
Android4.04の公式ファームではスマホ用らくデジしか入りませんでしたが、Kangbookではちゃんとタブレット用のアプリがインストール可能。
LDT-1SA01を繋いでみるとちゃんと認識できました。相変わらず部屋の中では電波状態が悪いです。
NOVO7 Fireとは解像度が違うので画面が多少違いますが、一応同じように使えた事は確認できました。
Bluetoothのドングルも無事認識。Androidとしてはバージョンダウンだけど、すごく便利。

関係ないですがバックアップ取っておいたSDカードからアプリのデータを復元しようとしたら、SDカードが破損してました。これはもうどうしようもなくて結局あきらめました。結構ショック。
Sponsered Link

Ployer MOMO9 加強版(その3)

久々にmomo9を起動してLinuxを入れようといろいろやっていたら、いきなりまっさらになりました。
要するに、いきなり初期化。原因不明。(まあ無理させてたけど)

仕方ないのでカスタムファームウェアをインストール、しようと思ったのですがどうせAndroid4.04ではCWMが使えずPCに接続してLiveSuitを使うので、いっそ4.03ベースのファームにバージョンダウンしてみることにしました。
4.03のカスタムファームはBluetoothのドングルとか使えるそうなので。

20120407の公式ファームとLiveSuitPackの1.09をダウンロードしてPCにいれ、ツールを起動したのですがUSBドライバが認識しない。
なんかデジャヴ(NOVO7 Fireとか…)。
おかしいと思い検索、入れたPCがWindows XPだったので以下の記事を参考にしました。
http://androidgirlstablet.com/blog-entry-33.html

…要するに、ツールを起動してimgファイルをスタンバイさせた後、ボリュームの+を押したままPCと接続、その後電源連打で認識…した後もまだボリュームは押したまま。
USBドライバのインストール時も押したまま。ツールのダイアログが出てから、初めて手を離してもOKになるという…。

中華パッドをPCに認識させるのって、毎回結構大変。疲れました。
Bluetoothのドングル認識とかの確認は、カスタムファーム入れてからにします。
Sponsered Link

中華パッドでオシロスコープ、とか

いろいろ思うところがあってAndroid用のアプリでオシロスコープを探してみました。
古くなった中華パッドをオシロスコープの画面として使うのも手かと思ったもんで。
無料では「OsciPrime Oscilloscope Legacy」というのがいい感じ。

この有料板「OsciPrime Oscilloscope 」(415円)もあり。こっちがいいかな。
ちなみにオープンソースでいろいろ公開されてます。
これ作った人たち、他にもおもしろいことやってる。AndroidとArduino使ってUSBコントロール。
自分がやりたかったことにちょっと近い感じ。またゆっくり読むことにします。

話を戻して、「Oscilloscope Pro」というそのまんまな名前のアプリもあるけど、こっちは700円でちょっと高め。
オシロスコープのハードウェア部分は別途準備しないといけないので、とりあえず中華パッドのマイクから拾った音声を波形に出して遊んでました。

で、ふと思いついて(というかアプリを検索してたら見つけた)音声の分析アプリも入れてみたんですが。
Spectral Audio Analyzer」という無料アプリ。他にもいろいろありましたが、とりあえずこれをインストールして起動。
D80Wで表示させるとこんな感じ。テレビの音声とか拾ってるとは思います。


しかし、同じアプリをNOVO7 Fireに入れてみると…


何この縞模様。
どうも中華パッドは自分のノイズがうるさいみたいです。解ってた事だけど。
内蔵のマイクでは音声の分析には使えません。
Sponsered Link

Ainol NOVO7 Fire(その6)

もうFlambeの新しいバージョン(10/2)が出てた。
まだ公式921に変更してないのにどうしよう、と思ったんだけど元のフォーラム(http://www.slatedroid.com/topic/37563-flambe-custom-rom/)見ると、アップデートの手順は

  1. Reboot into recovery
  2. Wipe Cache
  3. Apply update

で、
Yes identical, and since the bootloader and recovery are fine, you only need the one file. Do not unzip it.
と返してる。

今入っているのはfeiyu_modの9/16版だけど、どうだろう?と思いながら、まあ挑戦。
ダウンロードしたnf-404_V15-qm.zipを解凍して、中身をSDカードにいれて電源+マイナスボリューム、リカバリモードへ。
そしたらwipeする前に、自動的にバージョンアップしてリブート。ちゃんと起動してます。
これは便利…と思ったけど、やっぱりまずいと思ったのでSDカードを抜いてリカバリモード、改めてwipe後バージョンアップし直しました。

起動すると英語メニューなのでとりあえず日本語を選択。
タブレット情報を見ると
  • モデル番号 Ainovo Flame(Nexus7)
  • Androidバージョン 4.1.1
あれ、Android4.1になってる。NEXUS7に偽造されてるからかな。
Wifiを接続、問題なし。Bluetoothを確認しようとしたら、設定に項目が無い…。サポートされてるはずなのに。
それ以外は大丈夫なのに、惜しいです。どうしようか悩み中。
で、同じところにアップロードされていたnf-INCa-V15_signed.zipをダウンロードして、再びリカバリモードでバージョンアップしたらBluetoothが出てきました。
お騒がせしました。

Sponsered Link