M5STACK(その11)

M5StackのUSBホストシールドがあったら何がしたかったって、USB付きの電子楽器と繋げること。

USB_Host_ShieldライブラリのサンプルスケッチのUSBH_MIDI_dump.inoを使うと、楽器からどういった信号が送られてるかシリアルモニタで確認できる。
これをM5Stackにして、手元で見ることができるようにしたかった。

 

しかしいざUSBH_MIDI_dump.inoをArduino IDEでコンパイルしてみたら、なんか変なことやっちゃたみたいでエラーが出まくった。
冷静に確認してみたら、自分がいろいろ間違えてただけだった。

ライブラリは
 https://github.com/felis/USB_Host_Shield_2.0
と、
 https://github.com/YuuichiAkagawa/USBH_MIDI
の2つを別々に入れちゃったけど、USBH_MIDIはUSB_Host_Shield_2.0に含まれてるので必要なかった。
それにUSB_Host_Shield_2.0はライブラリのフォルダ名称を「USB_Host_Shield_20」にする必要があった。
もうめんどくさいので、いったんどちらも削除して、「ライブラリの管理」からUSB_Host_Shield_2.0だけインストールし直した。

その後、もう一度USBH_MIDI_dump.inoをコンパイルしたら無事に通った。
使えそうなので、これをM5Stack用にして、いつものようにLCDにシリアルモニタの内容が出るようにちょっと修正。

 

Vアコーディオンのベース音がどんな信号になってるか、視覚でわかるようにしてみた。

で、VアコーディオンとUSB接続。キーを押したら数字が出る。

でも想像したよりなんかデータが多い気がするぞ。これは解析してみないとわからない。

とりあえずデータを取ることはできたので、これをカスタムしてなんかできそうな感じ。

 

しかしVアコーディオンのUSB端子をここに付けたやつにはその理由を問い詰めてやりたい。

アコーディオンを弾くときに下に来るところに付いてるもんだから、邪魔でしかたない。

まあ自分の使い方がヘンなだけで、そもそも入出力の端子がここに集まってるんでしかたないんですけどね。

Sponsered Link

OrangePiのArmbianでFirefox起動エラー

OrangePiに起こるエラーらしい、ということでメモ。

 

デスクトップ環境のArmbianにWebブラウザは当然デフォルトで入ってるけど、Chromiumなので個人的にあまり好きではない。なんとなく。
なのでFirefoxをインストールしたんだけど、エラーメッセージのウィンドウが出てきて起動ができない。

クラッシュしてるっぽい。

インストール時のエラーはなかったはずなんだが。

 

原因を調べてたら、Armbianのフォーラムにそれらしき内容を発見。

 https://forum.armbian.com/topic/4939-firefox-browser-fails-to-launch/

どうもOrangePiシリーズのArmbianに入れると起きる(必ずではないかもだけど)問題っぽい。
解決は単純で、最新よりも安定バージョンのFirefoxをインストールする。

 

最初に必要なファイルをダウンロードしておく。

 ftp://ports.ubuntu.com/ubuntu-ports/pool/main/f/firefox/firefox_52.0.2+build1-0ubuntu0.12.04.1_armhf.deb

その後、インストール済みのFirefoxをアンインストールしてから入れ直す。

 

 $ sudo apt remove firefox

 $ sudo apt-get install libpango1.0-0

 $ sudo dpkg -i ~/Downloads/firefox_52.0.2+build1-0ubuntu0.12.04.1_armhf.deb

 $ sudo apt-mark hold firefox

 

で、無事起動。

アップデートする?って聞かれたけど、また不具合があると嫌なのでもちろんこのまま。

 

いろいろ調べてるついでに気付いたんだけど、デスクトップ環境が入ってるArmbianはkernel 3.4でちょっと古いUbuntu16.04。そりゃ勝手が違うよなあ。
でもOrangePiで負担のかかるような作業はしない(予定)なので、このまま使う。

Sponsered Link

OrangePi PC Plus(その3)

OrangePiのSSH接続で一苦労していたけど、次にせっかくだからデスクトップ環境でYoutubeを見てみようとGUIの起動方法を探していた。
…が、その前に、もともと公式にデスクトップ環境付きのイメージファイルが存在していた。
 https://www.armbian.com/orange-pi-pc-plus/
サードパーティのハードの紹介のさらに下にリンクがある。
なんでこんな離れたところにおいてあるんだろう。トラップだろうか。

 

でもせっかくなので手っ取り早くこれをダウンロードして、別のSDカードに入れて起動。
いつものようにrootのパスワードを変え、新しいユーザー名を作って再起動するとGUI環境で起動します。
(その前に画面の設定ができるみたいだけど、どうせ後で変えられると思いリターンキーでスルーしてしまった)

La Potatoの時と同じく、また居間のテレビで起動。

ここまでは問題ない。

 

プリインストールされているブラウザを起動したら文字化けしたので、そういや日本語環境入れてなかったなと思い、
 $ sudo apt-get install jfbterm uim uim-anthy
を実行してから、アプリケーションのメニューにあるArmbian Configで設定を起動。
いつものように時刻と言語を日本向けに設定。
これ以外にディスクトップ環境も日本語を選択した…はずなんだけど、再起動してもメニューが日本語化されてなかった。
今のところ、この件は後回し。
(いずれにしてもここは無理に日本語化しなくても問題ないし)
中途半端にデスクトップ環境から設定すると、逆に訳わからなくなって困る。でも便利なときは便利。

 

とにかく改めてブラウザを起動し、文字化け解消。
日本語化したブラウザでYoutubeから無事動画を見ることができた。
しかし最初HDMI接続してるのに音声が出なくて困ってたら、特に何もしてないのにいつの間にか音声が出てくるようになった。これは謎。
(裏で何か起動中だったのかもしれない)

ちなみに右上にある音量アイコンをクリックすると出てくる、アプリごとの音量&出力設定で出力先をいじることができる。
確認してみたけど、何もしなくてもブラウザの出力はHDMIになっていた。
現在は普通に音が出てるので、問題ないということにしておこう…。

 

肝心の動画だけど、当然高画質は厳しい。
Youtubeのページ上で、480pぐらいの画質で見るのがいい。これはLa Potatoでも同じ。

ただ、La Potatoの方が動画に限らず動きがスムーズなので扱いやすい。(これも速度を測ったわけじゃないけど、体感的に)

こればっかりはそもそものスペックが違うからそういうもんだと思う。

でもこのOrangePiもそれなりに面白いところもあるので、もうしばらく遊んでみます。

Sponsered Link

気になること(中華Laptop)

現時点で、カートに入れたけどポチろうかどうしようかの間で迷ってる端末をメモ。

実際には必要に迫られてないけど(DELLの中古とかでも全然構わない)、Windows端末が欲しい時に悩む。

軽いやつなら持ち歩きたいので、できれば10とか11インチの画面のものがいい。

 

ペン付きので2機種。(画像はAliExpressから)

前からチェックしてる VOYO VBOOK A1だけど、ちょっと新しくなってる。

メモリが4GB DDR3Lになったところかな。

AliExpress.com Product - Russia language support! performance UItrabook A1 plus Ultimate version laptop windows 10 license new Voyo Vbook V3


でも去年からある300ドル切ってる方でも十分かなと思ってる。

 

今年発売されたTeclast F5が本命だけど、様子見してる。

AliExpress.com Product - Teclast F5 Laptop 11.6 Inch FHD IPS 360 Degree Rotating Touch Screen Quad Core 8GB+128GB Notebook HDMI Dual Band 2.4G/5G WiFi

スペックが理想的。どちらかというと、これを見てLaptop欲しいなあと改めて思ったぐらい。

 

あとは参考までに、YEPO 737Aも13インチだけど薄くてコスパもいい端末。

eMMCの他にSSDでストレージも増やせる。

 

AliExpress.com Product - YEPO 737A Laptop Apollo 13.3 inch Laptop Intel Celeron N3450 Notebook Computer With 6GB RAM 64GB eMMC or 128GB SSD IPS ultrabook

見てると薄さがMacBookみたいで、これも良いなあと思わなくもない。

 

上の3機種は検索すると国内でもレビューが出てくるので、ユーザーが多いんじゃないかと思うと安心感がある。

ただ、どれも遊ぶ程度ならこれで十分、といった感じ。300ドル台だったらそんなもんじゃないかな。

マイコンボードを買うついでにいつもチェックしてるけど、それぞれAliExprssにあるオフィシャルの販売店だと値段も悪くない。

いつものことながら、GearbestやGeekbuyingもクーポン(あとタイミング)次第では安く買えそうだな。

Sponsered Link