トランジスタ技術 2019年9月号

買ったものメモ。久々にトラ技購入。

もちろん現時点での最新刊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トランジスタ技術 2019年 09月号 [雑誌]
価格:849円(税込、送料無料) (2019/8/18時点)

最近GPUに興味が出てきて、いろいろ知りたかったのでちょうどよかった。

ただ、夏休み前にとっくに買ってたんだけど、体調崩して全然読めてなかった…。

読もうとすると目が滑るというか、頭に入ってこなかったというか。

 

しかし実際に購入したのは電子版。

 https://cc.cqpub.co.jp/lib/system/doclib_item/1235/

自分的に、トランジスタ技術初のPDF版購入。

普通に紙の書籍を購入してもいいんだけど、最近インターフェースをPDF版で買っていて、持ち歩けるし意外と読みやすいしで重宝してるので買ってみた。

 

内容は紙のと同じはずなんだけど、広告のページがカットされてる。

なので表紙もこんな状態。

最初に開いてこれだったんで、ダウンロードに失敗したのかと思った。

表紙だけでなく、中のページも広告のところはカットされてるんで、だいぶページが少なく感じます。

 

あの広告がないとトラ技じゃない、と思っちゃう人にはPDF版より紙の雑誌ですね。

(そんな人がいるかどうか謎だけど)

Sponsered Link

夏風邪ひいてました

ただの近況報告。

せっかくの短い夏休みですが、ここ数日風邪引いて寝込んでました。

届いたおもちゃもぜんぜんいじれない状態。こんなのは数年前のインフルエンザ以来です。

徐々に回復してきたので、またいろんなことをメモっていきます。

Sponsered Link

AliExpressで通販(Open Dispute)

通販メモ。AliExpressで久々のOpen Dispute。

と思ったら、初めてだった。自分でびっくり。

しょっちゅう返金してるのになあと思ったけど、そういえばいつもは交渉してPaypal返金が多かった。

今回Open Disputeにしちゃったのは、6月に注文していた商品が届いてなかったことに気づいたため。

忘れてた自分もひどいが、放置されてたのがなんだかな。

(期限が切れるのでフィードバックしてね、というメールで届いてないことに気づいた)

 

というわけで、商品は輸送中らしい(追跡できないので)けど保証期間も切れるので、Open Disputをクリック。

全額返金でお願いしてみた。

正直、またゴネられると思ったけど、あっさりと2日で返金が決まった。

本来はここまで来る前に一度は販売店と交渉するべきだと思います。

ただ、今回はお店側からまったく反応がなかったのでOpen Disputで解決という方向になりました。

でもお店側は納得してないようなことが書いてあったな。AliExpress側が入って交渉してくれた、という感じかな。

 

Open Disputが終わったあとにAliExpressから今回の件についてアンケートが来たので、スピーディーでとても満足という回答にしておいた。

しかしここまで早かったのは、最近買い物しまくっててDiamond Memberだったこともあるような気がする。

確かメンバー特典で紛争の早期解決もあったはず。

今回の買い物は日本円で2000円程度とはいえ、ちゃんと対応してくれたのはありがたい。

でもやっぱり商品が届いてくれた方がいいよなあ…と思います。

Sponsered Link

OTTOロボット再び(Micro:bit版)

Micro:bitで動くOTTOロボット、っぽいものを作っていた。

しかしあと少しというところでネジが足りなくなった。(各部のネジが一つのみ&手が接続できない)

なのでこの状態でいいから動かしてみるか、と思って動かしたものの、やっぱり関節が安定せず変なふうに曲がって慌てて止めたところ。

足とか、曲がっちゃいけない方向に曲がったまま。

ネジを探して、今度はしっかり取り付けないとなあ。

 

このロボットを最初に見かけたのは、AliExpressの商品としてだった。

でもこれのSTLファイルを見つけたので出力。

 https://www.thingiverse.com/thing:2786066

動作させるためにRobobitを購入。
Robobitを購入するための苦労したあれこれはともかく、海外通販の都合上電池抜きのを買ったのでさらに国内で電池を購入。
えらく長い道のりだった。疲れた…。

 

組み立てマニュアルは以下。中国語だけど。

 http://learn.kittenbot.cn/zh_CN/latest/kittensuite/otto.html

Micro:bit用のブロックは以下から取り込む。

 https://github.com/KittenBot/pxt-robotbit

サンプルプログラムはbanggood.comの中にリンクがあった。

 https://jp.banggood.com/KittenBot-OTTO-Robot-8-Way-Servo-DIY-Kit-BlueOrangeWhite-Color-with-Microbit-Expansion-Board-p-1347288.html?ID=226&cur_warehouse=CN

ブロックを取り込んだ後、microbit-OTTO 8S.hexを開いていじくり回す。

 

当初、何も読まずにMicro:bitにリンク先にあったプログラムを入れて取り急ぎ動かそうとしたんだけど、うんともすんともしなかった。

なんでかなと思ったら、Bluetoothでコントロールするプログラムになっていた。

なので手っ取り早く無線のブロックを取っ払って、電源入れたら動くようにした。

これで無理矢理だけど、動作することは確認できた。

 

以前作成していたOTTOロボットの腕がある版なので、動作させるのは複雑だけど面白いものができると思う。

でも必要なネジが多くてめんどい。それとちょっと重い。

それでも一応組み立てはできてるんで、M5Stackとか別のものにも転用できそうだなと画策している。

Sponsered Link