Soyes 7S(その1)

特に書くこともないと思ってたけど、意外と記録しておきたいことがありそうなので、このスマホについてもときどき使ってみてメモしてく。(予定)

 

想像していたより、Soyes 7Sの情報が少ない。
というかググっても発売情報ばかり出てきて、カスタムの情報がなかなか出てこない。
元ネタがクラウドファンディングだと、あんまりいじる人っていないのかも。

Soyes 6Sと7S共用のフォーラムはあった。
以前もよくお世話になった、ロシア語のフォーラム。
 https://4pda.ru/forum/index.php?showtopic=824579
後半はカスタム話というより、不具合報告会になってる。…不安になってきた。

 

rootは上記のフォーラムで、Kingo Android Root ARCバージョン(ここはよくわからない)で取れると報告があった。
しかしKingo rootをSuperSUに入れ替える方法がだんだん面倒になってきて、やる気が起きない。

中国から直輸入したわりにはそもそもGoogle Playも入ってたし、日本語も選択できたので普通に使うだけならroot取らなくても問題ない。今のところ。
事前に購入先から「一度開封してチェックしてから送るよー」と連絡があったので、お店のほうで入れてくれた可能性もある。

 

それにしても戻るボタンの代わりに画面に駐在している丸いやつが結構ジャマ。

文字入力のときにピンポイントにいると困る。動かせるから問題ない…と思ったけど、やっぱりうざい。

でも消すと(消せるのか?)さみしくなりそうで、なんとなくそのまま。

(どうしても我慢できなかったらなんとかしようとするかもだけど、そこまで使わないような気がする)

Sponsered Link

ミニ中華スマホ再び

全然ブログ更新をセーブできてない件。まあいいや。


冬休み中に中華スマホをチェックしてたところ、懐かしい(?)ヤツの後継機種らしきものがあった。
というわけで購入。勢いで二種類、どちらも画面サイズが小さい。

片方はMelrose S9の新しいやつ。

購入先の名称はMelrose S9Pって書いてあったけど、要するにMelrose S9+ということらしい。
調べて見るとどうやら名称が変わってなくても、昨年ぐらいからMelrose S9を手に入れるとこれになってるっぽい。普通すぎてちょっとがっかり。
でもスペックは上がってるようなので、二台目として新しいほうを買うのは問題ないと思う。
本当は赤色が欲しかったんだけど、後から在庫がないんで金か銀にしてくれと言われてしかたなく銀色を選んだ。
スタンダードな色のほうが安いときがあるんで、ホントは入金後に色変更はしたくないんですけどね。

 

もう一つはSoyes 7S、こっちは日本でもアキバで店頭販売されたりしててあんまり興味なかったけど、せっかくなので買った。

これ扱ってる国内の通販は怪しいとこがあるみたいで、購入しようと思ったら一度店名で検索してみたほうがよさそう。
しかし中国から直輸入しても怪しいことが多い。
でも最近のAliExpressはトラブルあるとさくっと返金してくれるから、変な意味でまだマシなのかも。

 

どちらも60ドル弱。年末年始のクーポン(?)が使えて二台購入しても1万円ちょいで済んだので、まだ傷は浅い。
それにどちらも検索した限りではすでに国内でも購入してる人が多くて、情報も結構ありそう。
前のMelrose S9はダメにしちゃったので(後で調べたら普通にリアパネル開けてた人がいた…)、今回の二台はもう少し大切に改造するつもり。

Sponsered Link

iPhoneの通信不具合(3Gから戻らない状態)

久々というか、普段使いのiPhoneに不具合が出たので、自分のために記録しておく。

次あったときに(ないと思いたいけど)忘れそうなんで。

 

問題は単純で、ふと気づいたらアンテナの隣の表記が3Gしか表示されていなかった。LTEが使えない状態。

たまに山奥とかでそういうことはあるけど、普通の街中でこれはあり得ない。いつからこうなってたかもずっと気付いてなかった。

普通は自動で切り替わるから、どこかで引っかかって戻ってきてないのかも。

 

というわけで、こういう時はよくある話だけど再起動。念のため、電源を一度オフしてから起動。

が、戻らない。

 

調べてみると、OSをバージョンアップした後に、4Gがオフにされていることがあることもある。らしい。

通常は自動で切り替わるもんだからやったことないけど、4G切り替えの設定を確認。

「設定」→「モバイルデータ通信」→「通信のオプション」→「4Gをオンにする」

で、設定を確認したけどオフにはなってない。

これだから裏で何やってるかよくわからないスマホって難しい。

 

さてどうしたもんかなといろいろいじってたんだけど、その後簡単に直った。

やったことは、

  1. 上記の設定で一度「オフ」を選択
  2. 一旦設定を閉じて、通常の画面に戻る
  3. そしたらもう一度設定に入って、4Gをオン

そのあと設定を閉じて戻ったら、4Gが使えるようになっていた。これだけ。

 

引き続き調べて直した人の話を読むとどうも一度通信をシャットダウンすると良いらしいので、「機内モード」を一度オンにしてみるというのもアリだと思う。

よくあるけどあまり大したことない不具合みたいなんで、もし困ってる人が他にもいたらやってみると良いかもしれない。

Sponsered Link

Sony Xperia X(ある意味2台目)

Sailfish Xを諦め切れなくて、結局もう一台手に入れた。
amazon.comでXperia Xの値段が下がったときに購入。ここならいざとなったら返品できるので、安心感がある。
ただ、そのとき値下がりしたのは黒のみだったので、色は選べなかったけど。

送料や税込み、しかも円安で最終的に日本円で3万円ぐらいになってしまったけど、安心感には変えられない。


しかしあいかわらずアバウトというかアメリカンというか、適当な梱包。

これ、上に空気の入った袋が乗ってただけ。よく無事に着いたもんだ。

そもそも梱包してないという話もあるが、一応amazonの箱には入ってた。

 

OSのバージョンアップよりも先に、確認するのはやっぱりこれ。

もうこれさえ確認できたら満足。このままAndroidで使おうかと思ったぐらい。(意味無し)

 

で、現在Sailfish Xをインストールできるところまでバージョンアップしまくってるんだけど、これが全然終わらない。
昨日から5〜6回ぐらい繰り返してるけど、まだOTAが降って来る。
さっきAndroid 7.0まで上がったのを確認できたけど、ビルド番号がまだ足りてなかった。目標の34.3.A.0.228まであともうちょっと。
ここまで来たら慌てるもんでもないので、のんびり待つことにしよう…。

Sponsered Link

Sony Xperia Xのモデル番号

Sailsifh XをインストールできないXperiaにハマった恨みで、この型番について調べていた。
しかしあんまり情報がない。普通は端末のブートローダーがアンロックできるかどうかなんて気にするわけないんで当たり前か。

 

Jollaのフォーラムに同じ目にあった人たちが集っていて、気持ちは良く解る。
 https://together.jolla.com/question/169240/xperia-x-bootloader-unlock-allowed-no/
やっぱりSIMフリー端末の中に、しれっとキャリアの端末をSIMロックだけ解除したものを売ってるのはよくあるらしい。
amazonから購入すると安全…そうに見えて、実は配送のみamazonで大元は別の店から発送されてたと言ってる人もいる。

大手でも購入先には気をつけないといけないのか。海外通販だと確認が結構めんどくさいなあ。

 

Sony Xperia XにはそもそもデュアルSIMとシングルSIMのものがあって、前にも書いたけど欲しいのはシングルSIMのF5121。
その中でさらに型番があって、色とかどこの国の仕様かで分けられている。
その辺りをフォーラムでまとめようとしてる書き込みがあった。まだあんまり充実してないけど。
 https://together.jolla.com/question/169544/sony-xperia-x-device-variants-and-bootloaderflashing-status/
フォーラムを見て回ってると、どうも1302-5472でアンロックできなかった人が多い。

末尾の数字が色を表してるっぽいから、1302-547xはやめといたほうがいいのかな。

逆に1302-940xはどれもアンロックできるんじゃないかな。
しかしF5122でもインストールまでできてるのがあるのか、デュアルSIMでもやってみる価値はありそう。

 

あとは当初のインタビューに書いてある型番ならOKなのかも。

 https://reviewjolla.blogspot.jp/2017/07/sailfish-os-for-sony-xperia-x-single.html


ちなみに自分のは「SI 1302-9433 Rev 2」だった。

事前にこの型番が解るなら、アンロックしたい人は避けたほうがいいです。

Sponsered Link