Orange Pi(その2)

引き続き、OrangePiのセッティング中。今度はOrangePi PC+。

ケースは3Dプリンタで出力済み。

うちのプリンタは8cm以上は作れないので、二つに分割して出している。

なのでパーツでちょっとずれてるけど、まあ問題ない。

 

こっちのOrangePiは電源をUSBからではなく、電源ジャックから取る必要があった。

その専用電源ケーブルもUSBから取るやつを買っておいたんでOK。

そういう意味では、MicroUSB端子から電源が取れるOrangePi ZEROの方が助かる。

 

とりあえずArmbianのUbuntuを入れたけど、またいずれ違うのを試していくつもり。

今回も最初は有線で起動して、LanScanで見ると

ホスト名がちゃんと出てきた。わかりやすくていい。

 

起動後、いつも通りapt-get updateとapt-get upgradeをやったらものすごく時間がかかった。

タイミングが悪かったのか、ダウンロードに妙に時間がかかった気がする。

おかげでアップデートだけで終わってしまった、また日を改めていじることにする。

Sponsered Link

Orange Pi(その1)

ひと段落ついて、ようやくOrangePiに手が出せた。

最初にOrangePi ZEROからいじってる。

自分がAliExpressで購入したのは512MBの単体のみ、9ドル弱で送料別。

こっちの方が売れてるのか、たまに在庫切れしてる。(ケースとのセット販売はある)
以下、オフィシャルページのスペック。
 http://www.orangepi.org/orangepizero/

 

お試しで、今回のファームウェアはArmbianを使う。
Debian Jessieの方をダウンロードしてきた。
 https://www.armbian.com/orange-pi-zero/
ファイルを解凍して、EtcherでSDカード作って準備完了。16GBのSDカードだけど、まあ問題ない。
 
起動してログインしたら半ば強制的にパスワード変更やローカルのユーザー設定まで一気にやってくれるのはいいんだけど、逆に

戸惑う。
特にサーバー化する予定はないので、いつもデフォルトのまま使っちゃうから。

せっかくなので、Wifiアンテナ使ってみるか…と思ったら、設定はすごく簡単。

Armbianのページにも書いてあるけど、
 # nmtui-connect (使用してるWifiのSSID)
で、出てくる画面でパスワードを入れるだけ。
あとはIPアドレスを検索して(自分はいつものLAN Scan)、ログインしてみたらOKだった。

 

公式見るとLubuntuやDebian xfceとかあるんでこれも気になる。
 http://www.orangepi.org/downloadresources/

RaspberryPiほどではないけど、NanoPiと比べて情報がたくさんあって使うのがとっても楽。
また変なことやり始めたらメモっていこうと思う。

Sponsered Link