Aqua Fish(その3)

システムのバージョンアップが降ってきました。

Jollaと一緒にバージョンアップ。

Jollaの方が元々のバージョンが低かったらしく、多少時間がかかった。

アップデート後、なぜかネットワークが繋がらなくなって焦った。

設定をし直してみたりしたけど、結局何度かアイコンをタップしてたら通じるようになった。

いきなり接続できなくなることは実は以前もあった。なんでか原因は不明。

SIMがただのデータSIMだからかなあ。音声SIMだったら安定するかもしれない。なんとなく。

 

それとさっき気づいたんだけど、Macと接続した時に画面上に出てくる「PCと接続」を選択すると、Android File Transferが起動してストレージにアクセスできる。

以前はJollaでこれができなくて、ざんざん悩んでいろいろやったのに。

ずっとできないもんだと思ってたから、今回のOSバージョンアップで対応したのかどうかが不明。

とにかく便利になったのはいいことです。

Sponsered Link

Aqua Fish(その2)

引き続き、いじってるのでメモ。

検索してたらものすごく詳細なレビューがあったので、ぜひこっちを参照してください。
http://gogosmartphone.main.jp/blog/?p=5100
自分はいつでも他力本願。

 

あれから自分がやったことですが、いつも通り日本語化とキーボードのインストール。
以前のメモ参照。解り辛いけど。
Raspberry PiのAmbienceもインストールしたんだけど、このケースと合った色合いのAmbienceのほうがやっぱり良いと思った。

SIMは以前購入したIIJのプリペイドSIMがあったので、それを挿して通信の確認。

一応問題なさそう。おそらく3Gのみしか使えてないと思う。

それと最初からGoogleストアもどきが入っていた。これは助かる。

あとプリインストールされてる音楽アプリというか音楽配信サービス。
サインインすれば14日間は無料らしいけど、ジャンルが(当たり前だけど)いかにもインドなのでさすがに登録はしてない。
でもこういう音楽が揃ってるのは好きな人にはたまらないらしく、知人が聞きたがるのでお試し程度はできるようにしてあります。
ジャケット見てるだけでも結構おもしろいかも。

Sponsered Link

Aqua Fish(その1)

先日届いたヤツ、またいつものスマホの衝動買い。
ちょっと前にSailfish OSの端末が発表されてたけど、そのひとつ。

インドの家電メーカー、INTEXのSailfish OSスマートフォン、Aqua Fish。

スペックとか詳細はメーカーのサイトで確認できる。

 http://www.intex.in/mobile/smartphone/aqua-fish/

 http://intex.in/intex-sailfish-os/

発売されてるのがインドだけみたいだったんで諦めてたけど、普通にebayで売ってた。
国内で買ってる記事があったので、自分も釣られて購入。
 http://news.infoseek.co.jp/article/rbbtoday_144402/

 

今回の購入元の値段は米90ドル弱で、送料入れても日本円で1万円そこそこ。微妙に円高気味で助かった。
Paypal通してるから、最終的には若干高くなるだろうけど。
それでも初めてJolla Phoneを清水の舞台から飛び降りた気分(大げさ)で購入したときと比べれば、半額以下で超格安。
Aqua Fish以前にいつの間にか発売されたらしいJolla Cは手に入らないだろうから、これで遊ぼうと思う。
1万円以下のスマホだと思えば、気兼ねなく改造できそう。

 

とりあえず起動は確認。保護フィルムも入ってたので助かった。

さすがに専用のケースとかは、今のところ売ってなさそうだな。

Sponsered Link