Sony Xperia Tipo ST21i(その8)

ST21iに付属してるFMラジオを日本対応にします。
いろいろ検索していたら、結構簡単そうだったのでやってみようとしたのですが…えらく遠回りさせられました。自分の環境が悪いんですが。
やらなきゃいけないことを、順を追ってメモしておきます。

最初に自分のMacにAndroidの開発環境、ADBドライバが入ってること前提です。
以前メモった手順をやっておけばいいかと。これで自分はできてるので。
そしてMac上の適当なテキストエディタで

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 
<settings version="1"> 
    <setting key="frequency-band" runtime="false">Japanese</setting> 
    <setting key="frequency-least-step" runtime="false">100</setting> 
</settings>


と記載して、custom_settings.xmlというファイルを作成して自分のMacのローカルフォルダに置いておいてください。

ST21iのほうの準備は、こちらはrootが取れてること前提です。
さらにBusyBoxというアプリをインストールして、一度起動してさらにインストールしておきます。ファイルをコピーするのに必要です。

で、MacとST21iをデバッグモードにして接続、Macのターミナルを起動します。
まずSDカードにcustom_settings.xmlファイルを置きます。
 $ adb push custom_settings.xml /sdcard/
ADBでST21iに入り、スーパーユーザー化。
 $ adb shell
 $ su

上記のコマンド入力後、ST21iの画面にSuperSUの許可が出てたらOKしてください。
システムフォルダをマウントして書き込み可能にします。
 $ mount -o rw,remount /dev/block/mtdblock0 /system
その後、FMラジオ用の設定ファイルがあるフォルダまで移動。
 $ cd /system/etc/customization/settings/com/sonyericsson/
fmradioフォルダのパーミッションを変更。
 $ chmod 755 fmradio
ここにcustom_settings.xmlをコピーし、パーミッションを修正。
 $ cd fmradio
 $ busybox cp /sdcard/custom_settings.xml .
 $ chmod 644 custom_settings.xml

以上で完了。exitでST21iから出ます。
再起動してラジオを起動してみると、国内用の周波数に変わってるはずです。

下記のブログを参照させていただきました。(勝手にメモ)
http://blog.8796.jp/8796kanri/2010/09/電話-xperia-x10-mini-proのfmラジオ日本周波数対応.html
http://tsurezure-narumamani.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/sk17i-fmtermina.html

要するにフォルダに設定ファイルを置くだけのことなんですが、Mac上で作成したcustom_settings.xmlファイルが文字化けしてたり(結局ST21iで編集)、バージョンが違うためなのかすでにfmradioフォルダとcustom_settings.xmlファイルがあったりしたりで、なかなかうまくいきませんでした。
中華パッドと違って簡単にMacから内部SDカード(の、system)にアクセスできないからなあ。疲れた。
Sponsered Link

Sony Xperia Tipo ST21i(その7)

先日までwifiが接続できなくなったと大騒ぎしていたSony Xperia Tipo ST21iですが、昨日起動したら何ごともなかったかのように接続してました。
結局チャンネルの問題ではなく、やっぱりIPアドレスのバッティングだろうか。

それはともかく、よく問い合わせのあるST21iの日本語化。
個人的にはどの辺りが不明なのかよくわからなかったので、初心者にも解りやすそうな記事を探してみました。
他力本願で申し訳ありませんが、ここ↓を参照してください。
http://juggly.cn/archives/65819.html
画像もあって解りやすいと思います。

その次ぐらいにST21iのテザリングですが、手順はTronsmart TS4と似てます。
http://nekomemo.redtabby.sub.jp/?eid=323
Tronsmart TS4のほうがもっとごちゃごちゃしてます…Androidのバージョンが違うせいもありますが。
違いは、「テザリングとポータブルアクセスポイント」のメニュー内に「Wi-Fiアクセスポイントを設定」という設定があること。
それをクリックすればSSID名(Sony Xperia Tipoとか)とパスワード(「パスワードを表示」にチェック)が確認できるので、接続したい端末のwifi設定で拾います。
自分の場合、iijmioのSIMを使用してますが、問題なくテザリングできました。
Sponsered Link

Sony Xperia Tipo ST21i(その6)

まだWifiの件で悩んでますが、いっそのことカスタムファームでも入れたらいいかと考え中。
とりあえず、いつものフォーラムのリンクを集めておく。

xda-developersのST21iのROM専用スレッド
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2172652

ST21aにしてみるというのもあり…か?
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2302630
ファームウェアの入れ替えだけでちゃんと動くかどうかが謎。

ルートの取り方とかも載ってるところ。
一応CM10のインストール方法が載っているページをリンク。
http://www.androidrootguide.com/2013/08/upgrade-cm10-jellybean-rom-on-sony-xperia-tipo.html

カスタムファームを入れるのはいいんだけど、正直それで直る問題じゃなさそう。
なので修復はともかく、使い勝手が良さそうなファームウェアを検討してみるか。
Sponsered Link

Sony Xperia Tipo ST21i(その5)

未解決な話だけどメモしておく。

ST21iをたまには使おうと、久しぶりに起動してみたところネットワークにエラー。
何でかと思ったら、単純に家の無線LANに接続してないだけだった。

またIPアドレスがダブったか、と思いきや、いつも使っている無線LANの名前(SSID)がwifiの一覧に出てきてない。
よく見たら一番下にあったけど、圏外になって繋がっていない。
いったん接続を切って消して、再起動してみたら…今度は一覧に表示されなくなってしまった。
ご近所のwifiは出てくるのに、目の前にあるルーターの名前が出てこないとは。

自宅のwifiはステルス機能にしてるわけでもない。そもそも他のandroid端末やiPhoneは接続してる。
なぜかST21iだけ、しかも自宅のwifiのみ見えなくなってしまっている。前回は見えてたのに。

ざっと調べてみたら、どうやらSONYのXperiaシリーズでよくある話らしい。それも困るけど。
IPアドレスというより、チャンネルのバッティングが問題っぽい。

それっぽい情報はあったけど(端末の種類は違うけど)、自宅の無線LANのチャンネルを変えるのが一番いいのか。
http://b00111.blogspot.jp/2012/04/xperia-sim-wifi-arc-acro-ray-so-01c-so.html
どうもSIMを抜いているとこういう症状が起きるらしい。何でだ。
ファームウェアを入れ直してみても直らないらしいので、あきらめてSIMをもう一度挿すかどうしようかというところ。
Sponsered Link

Sony Xperia Tipo ST21i(その4)

root取った環境に慣れ過ぎて、購入時のままというのはやっぱり不便。
というわけで、結局ST21iもrootを取ることに。

ST21iの情報なら見つかりやすい。さすがSONY。
というわけで、適当な記事を参照。
古いバージョンならMacやLinuxからバッチ処理できるツールがあったけど、最新バージョンのST21iならこの方法を使った方がいいらしい。
Windowsを使わなきゃいけないのは、自分の環境では面倒だけど。

使用するのはUnlockRootというアプリ。
公式のホームページもある。有料版があるけど、別に無料版で全然問題無し。
ダウンロードしてWindows上で起動、画面にある「ROOT」というボタンをクリックするだけ。
途中でPowerSaverというアプリを入れる?と聞かれたので、よくわからないまま「はい」をクリック。電池の容量小さいからいいか。
最後にリブートしていい?と聞かれるので「はい」でST21iが再起動。これでroot取れました。
スクリーンショットもroot取得済み前提のアプリを入れて取れるようになったし。
root取ったのでSuperSUがインストールされてます。さっきのPowerSaverは「省電力」というアプリ。

ちなみに上記のUnlockRootというアプリを起動する前に、ST21iのUSBデバッグをオンにしておく(これは必要ないのかも)。起動したままUSB接続。いろいろ出てくるダイアログは無視。
SONYのホームページからSony PC CompanionをWindowsにインストールしてST21iを認識させる。
このソフトで念のため、バージョンアップをチェック。
これを先にやっておいたせいか、USBドライバを別途入れる必要はありませんでした。
Sponsered Link