Windows10にmBlockインストール

Windows PCの開発環境に右往左往してるところなんだけど、micro:bitやM5StackのUI Flowみたいなブロックで行うプログラミングが気になってきてるので、それ系の環境をインストールした。

クリスマスイブに何してんだろうと思いつつも、インストール方法は別に難しくないので、ほぼソフトウェアについての個人的なメモ。

 

今回インストールしたのはmBlockというプログラミング環境。

OTTOロボットのマニュアルで紹介されていたので、この際入れてみることにした。

 http://www.mblock.cc/mblock-software/

見てわかる通り、おなじみのScratchがベースになっている。

猫がパンダになってたりするけど。

 

mLinkというオンラインのものもあるが、ここは一番安全そうなmBlock 5 PCをダウンロードしてインストール。

日本語環境にできるのでありがたい。

しかし起動までは問題なかったんだけど、OttoDIYのマニュアルで説明されている内容と比べると、インタフェースが全然違うの気付く。

それにArduino Nanoも選択肢に出てくるはずなのに、出てこない。

 https://github.com/OttoDIY/DIY/blob/master/OttoDIY_programming_mblock_scratch_arduino_v01.pdf

よく読むと、OttoDIYではバージョンの低いmBlockを使っている。mBlock 3 for PCというやつ。

どうもこれがボードの選択肢も多くて一番安定してるらしいんだけど、推奨OSがWin10と書かずにWin7以上となっていて、ちょっと不安が残る。

でもArduino Nanoが使えないと困るので、mBlock 3もダウンロードしてインストールした。

先に入れたmBlock 5には影響なさそうなので、同居させている。

 

mBlock 3起動後、マニュアル通りにOttoDIYのブロックを取り込み、サンプルプログラムをArduino Nanoに書き込み。

こちらでは選択するArduino Nanoは一種類しかない。むしろ新しいATmega328Pに対応してるかどうかが謎。

とりあえずはロボットの動きが問題ないことを確認。

(このあたりの手順もいずれまとめておきたい)

 

32bit用のソフトウェアとしてインストールされてるけど、64bitのWindows10でも十分使える…と、思う。

まだ一からプログラムを組んでないのでどこかで不具合あるかもだけど、このまま使ってみる。

mBlock 5 PCもアンインストールするのはもったいないので、micto:bitとか他のボード用に使っていこうかな。

Sponsered Link

CASIO fx-CG50

また買い物メモ。年末になるとよけいなものを買ってしまう。
(年末以外も買ってるけど)


先日、いきなりカシオの関数電卓を購入。前にメモった通り、購入先はamazon.com。

今時何でと言われると、いつも通りついうっかりとしか言いようがない。
大昔、学生時代に購入…してないな、あれはポケコンだった。関数電卓としても使ってただけで。
しかしスマホのアプリでなんでもできちゃう時代とはいえ、こういう機能を特化したものもなかなか良い。

当初関数電卓にPython(正確にはMicroPython)の機能が追加されたと聞いて、ちょっと検索したところ最近の関数電卓のカッコ良さに驚いた。

速攻で欲しいと思いポチろうとしたんだけど、上記の国内のamazonでなく結局amazon.comで購入。


海外のだと国内のと違い、普通のUSBケーブルは付いてるけど専用の通信ケーブルが付属してない不親切仕様。
でも販売されて既に一年以上経っていて値下がりしてるし、さらにクリスマス商戦で底値ぐらいだったので送料込みでも70ドルもしないのがメリット。日本円だと7千円超えたけど。
ちなみにポチった次の日さらに値下がった。自分は絶対株とかに手を出しちゃいけない人間だと思った。

 

最近のバージョンアップでPythonが入ったのかと思ったら、パッケージに既に記載されていた。

自力でバージョンアップの必要はなくなったのでちょっと楽かな。

 

マニュアルは公式サイトで日本語版を参照。
 https://support.casio.jp/manualfile.php?cid=004006006
具体的な例題を元に操作説明されていてわかりやすそう。これでいろいろ試してみたい。
国内の端末類は過剰に親切でめんどくさいこともあるけど、こういうときは助かる。

 

それにしてもざっと見てるともうほとんどスマホの世界。

まあ日本語入力はできないんだけど、むしろこういうスマホが欲しいなと思ってしまった。

やっぱりキーボードがあるのっていいな。

Sponsered Link

MacのTimeMachine用HDDの変更(失敗)

悔しいけど、結局目指したことができなかった失敗メモ。一応残しておく。

 

自分のメインの環境では、未だにデカいiMacに物理ハードディスクを接続して、TimeMachineでバックアップを取っている。

接続してたのは2TBのだけど、3TBのが余った(テレビの録画用だった)ので、大容量のに移行してみることにした。

しかし検索してみても、最近はそんなことやってる人はあんまりいないようだ。

そりゃ容量ばかり大きくなってもデータ転送はめんどくさいし、最近はクラウド中心だと思う。

でも5年ぐらい前のデータとか、懐かしさにちょっと取っておきたい気分になるものがあるんだ…個人的には。

 

やり方はとりあえずApple公式の方法を取った。

 https://support.apple.com/ja-jp/HT202380

ただ、公式なのに上記の内容はちょびっと古い。

流れは問題ないんだけど、多少現在のMacOSと違う点もある。

 

例えば、

  • TimeMachineをオフにするときは、今は「システム環境設定」「Time Machine」内でスライドじゃなくてチェックを外す。
  • 新しいハードディスクのフォーマットは、ディスクユーティリティから「MacOS拡張(大文字/小文字を区別する ジャーナリング)」を選択しないとBackups.backupdbフォルダをコピーできない。

…など。

最初はこれらに引っかかって時間がかかった。

さらにコピーしていると、どんどん容量が増えてくる。そのせいでいつまで経っても終わらない。なんじゃこりゃ。

中身を覗いてみたら、差分でファイルをバックアップしているはずの過去のデータが、そのままのサイズになってコピーされてしまっている。

 

調べてみたら同じような症状になっている人がいて、非公式な方法でコピーというか、ディスクユーティリティの復元を使って別のハードディスクにTimeMachineを移す、ということをしていた。

 https://qiita.com/ryo1inagaki/items/26f514e6fa070a731e75

しかし自分の環境ではこれも不可。どうしてもエラーが出てしまった。

で結局、新しいハードディスクを新しいTimeMachine用のバックアップとして使うことにした。これは普通に成功。

 

相手がMacなので、あんまりややこしいことをせずに割り切ることも必要かなと思い、今回は素直にハードディスクを乗り換えた。

(またなんか方法が見つかったらやり直すかもだけど)

でも検索しても出てくる情報が古いものが多くて時間の流れは早いな…としみじみしてしまった。

そろそろ自分のMacも買い替えを考えよう。

Sponsered Link

Teclast F5の周辺機器集め(コネクタ類)

もともとTeclast F5はM5Stackなど、ちょっとしたプログラムというほどでもないものをマイコンボードに流し込むのに使おうと思ってたので、それほどマシンパワーを期待してたわけではない。
が、バッテリーの持ちが悪いのがちょっと困る。
公式では動画再生で5時間持つようなこと言ってなかったっけ…。個体差かなあ。
値段相応なので今さら文句は言いませんが、3年ぐらいは壊れないで欲しいところ。

 

とにかくせめて使い勝手がいいようにと、いろいろかき集めてるうちでよく使ってるUSBハブがこれ。

TypeCのオスからUSB 2.0と3.0のメスが両方付いていて、自分的にはありがたい。
他の端子をふさぎたくないので、向こう側にひっくり返して使ってる。(どっちが上とかないけど)

挿すとちょびっと浮くので、ゴム足付けた方が良さそう。

 

あとはダイソーで買ったUSBケーブルが重宝してる。

同じ100均でも(近所の)セリアには無かった。
両方TypeC。特にM5Stackには便利。

もうちょっと短いケーブルでもいいんだけど、長さはこれしかなかった。

 

それとTeclast F5にはmicroHDMI端子が付いているので、同じくダイソーで変換プラグも買ってみた。

GPD WINですらminiHDMIだったのに、それより小さいmicroHDMI。

が、これは使えなかった。なんか、外部のモニタを認識してくれない。

もし解決方法がわかった方がいらっしゃいましたら、教えてください。

(単に、100均のじゃなければOKな気がする…)

Sponsered Link

JUGEMブログでソースコード表示

あんまり深く考えずにJugemでブログレンタルしちゃったんで、今でもここで黙々とメモみたいなもんを書いてるけど、Jugemでもコードを貼り付けている人を見かけたのでどうやってるのか気になった。
当初購入したガジェットのメモ書きにしか使わないと思ってたから、まさかプログラムみたいなものを載せるようになるとは自分でも思ってなかったんだな。
それに普通の文章にその手のコードを書き込むと、やっぱり見辛い。

 

しかし検索するとあっさり見つかる。ここを参照させていただきました。
http://flyingcircus.jugem.jp/?eid=5
Jugemは一見融通が利かないように見えて、実はCSSの編集は普通にできるので意外と便利。

デザインするのがめんどくさければテンプレートもあるし。
(正直カテゴリが複数選択できないとか不満はあるけど、セキュリティなんかもあまり考えなくていいのが楽)


上記も元の参照先は以下になる。
http://wada811.blogspot.com/2012/02/bloggersyntaxhighlighter.html
そもそもコードを表示するための、SyntaxHighlighterというツールがあったのか。
普段目にしてるのに知らないことって多い。

これで過去のメモを読みやすく整備していく予定。

まずはテスト。こんな感じ。

//テストだよ
test1
test2
//以上

お試しなのでJavaを選択してみた。でもJavaは使わないだろうな。

最初なんで全部コピペしちゃったけど、あとでいらない言語は削除しておく。

 

記事も画像も増えすぎたので取捨選択したいけど、自分で自分の過去記事を読んでたら楽しくて結局削除できずに日が暮れてく今日この頃。

(有料のに入ってるんで、容量は問題ないんですけどね)

Sponsered Link