Sipeed Longan Nano(その4)

Longan NanoのLCD4に表示する動画(昨日ツイートしたやつ)を作成したので、やったことメモ。
実際には動画というサイズじゃないけど、手順は同じなので。

 

中国語のドキュメントに、サンプルのBadAppleの動画の作り方が書いてあった。
 http://longan.sipeed.com/zh/examples/badapple.html
サンプルの動画はわざわざキャプチャしてBMP画像に変換したのかな。

動画というほどでなくても、ちょっとした画像を表示するぐらいならできそうだったので、やってみることにした。

 

でも自分がやったのは、画像を作っておいて最終的にbmp.binを作るところだけ。とっても簡単。
bmp2hex(https://github.com/robertgallup/bmp2hex)というツールを改造したものを使用。
 http://dl.sipeed.com/LONGAN/Nano/Firmware/badapple_demo_tools/tools_bmp2hex.zip
しかし以前BMPを変換できなくて苦労したけど、こんないいツールがあったの知らなかった。
今度別件でも使用してみたい。

で、元となるBMPファイルは画面サイズと同じ160x80、それと24ビットにして、ファイル名は順番に1.bmp、2.bmp…という感じで数字にする。
(rename.pyがあるので実際にはリネームもやってくれるらしいけど、使わなかった)

1.bmpからで、0.bmpは作らない。ここ引っかかった。

 

次にgenhex.pyの

 while num <= *:

の*のところを、画像の総数に変更。(画像の枚数をそのまま記載)

自分が作業したのはMacのターミナルなので、次の行を

    os.system("python bmp2hex.py -kbin {0}.bmp".format(num))

に書き換えた。Windowsだったら.exeのままでいいのかな?

 

準備ができたらターミナル上でツールと画像の両方を入れたフォルダに移動し、
 $ python genhex.py
を実行。
枚数が多いと実行に時間がかかるらしいけど、自分が作った動画は5秒ほどで画像は80枚。すぐに終わった。

すると同じフォルダにbmp.binファイル作成されているはず。

 

あとはbmp.binをSDカードに入れて挿せば動画が再生するはず。

ファームウェアとロゴ画像はそのままなので、起動時にSipeedのロゴは出てきます。

作成は簡単だったんだけど、実は最後の画像が半分になって表示される変なバグ(?)があった。

しかたないので最後は画面一色にしちゃったけど、これも何とかしたい。

Sponsered Link

あけましておめでとうございます。

3日になってようやく新年のご挨拶です。

年明けからBOOK OFF巡りしたりなんかいじったりして遊んでました。

 

 

引き続き、いろんなガジェットで遊ぶ一年にしたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

Sponsered Link

今年買った本、まとめ

通販ネタが続く&今年の締め。

 

今年はなぜかやたら電子書籍を購入して積み上げたので(物理的にではない)リスト化した。
ついでに紙で購入したものも書いておく。どっちも技術書のみ。
どれも全然読んでないのはないんだけど、たまに見返すと「なんだったけ、これ」って思って前の章に戻るので、一向に進まないという感じ。
理解できなくても一度はざっと最後まで目を通すのが正解だと思う。

 

自分が購入したのは楽天koboが多いけど、以下のリンクはamazonのアフィリエイト。

(正直、kindleの方が安いことが多いよね)

値段の参考用なんで踏まなくて良いです。

 

書籍



 

雑誌

 

そんなに多くないじゃん…って思われるかもしれないけど、技術書はただ目を通すんじゃなくて理解しなきゃいけないんで、自分みたいな万年初心者はすごく時間がかかる。
「30日でできる! OS自作入門」は半年近くかかって、未だに15〜16日目をさまよってるし。
歳と共に頭が固くなるんで、なかなか新しいことが脳みそに入らんのです。
(それと疲れ目がしんどいので、koboの電子ペーパーが大活躍)

今年は見ての通り低レベルなところをうろうろしていて、前に買った「CPUの創り方」を読み直したりもして、来年は読むだけじゃなくて作ろうかな、と考えてる。

 

…とか言いつつ、また怪しいスマホを買ったりマイコンボードをいじったりするんだろうな。

というわけで、今年も訪問ありがとうございました。

誰かの電子工作とか海外通販とかの参考になってくれていれば、幸いです。

Sponsered Link

AliExpressで通販(2019年度版11/11の配送結果)

この年の瀬に、メモというより愚痴。

 

11/11のセールで購入したもので、まだ届かないものがある。
そもそも今回はどれもかなりの日数がかかった。久々に一か月を超えるものが多い。

各販売店は注文後3日以内にちゃんと発送してくれている。
直後の追跡番号は中国国内までで、海外に出た後別の追跡番号(末尾がTWとか)に代わったんだけど、これは日本郵便の追跡には出てこないやつ。

しかもそのままポストに投函される。ここが紛らわしい。

 

追跡番号の末尾から台湾や中国の郵便だと思って調べてたら、届いてないやつの業者がYanwenだった…失敗した。
(ていうか、送料無料ってこちらからは業者は指定できないのが普通)
ちなみに追跡は以下からできる。
 https://track.yw56.com.cn/en-US

 

以前もここは遅いから要注意だったんだけど、その評判は以下を見てもらえれば解る。
 https://www.trackingmore.com/review-yanwen/ja.html
定期的に「遅い!」という書き込みが増えるのはAliExpressのセールのタイミングだと思う。自分もそうだし。
普通に中国郵便でも3か月さまよったことがあるし、一か月程度ではまだ慌てるタイミングではない。

 

もしこのまま期限まで来なかったら、問い合わせだのOpen Disputeだのこちらからアクションしないといけなくなる。(英語で…)
待つのは慣れてるんでいいんだけど、AliExpressはそこがちょっとめんどくさいなと思ったりもする。
要望が通れば、速攻でお金が戻ってくるのはありがたいですけどね。

Sponsered Link