ESP32-CAM

だいぶ前なんだけど、ESP32-CAMという、ESP32ボードにカメラが付いたものを購入。

(M5Stackのモジュールに同じ名前のものがあるけど、それではない)

AliExpress.com Product - 1pcs ESP32-CAM WiFi WiFi Module ESP32 serial to WiFi ESP32 CAM Development Board 5V Bluetooth with OV2640 Camera Module

しかし自分に届いたものは、品質はダメダメだった。
いざ使おうと思ったらピンの一部が曲がってた上に、半田が付いてないピンもあった。
正確には半田とランドがなじんでなかった。ランドがはがれてるよりはいいけど、これはちょっと…。
AliExpressの評価を星一つにしておけばよかった。
まあ壊れてるわけでもなく10ドルもしなかったので今回は目をつぶっておく。(というかもう評価できないんで)

 

これを使いたいがためにさっきVisual Studio CodeにESP-IDFのインストールをしたんだけど、その直後にArduino IDEで使う方法を見つけてしまった。

 https://robotzero.one/esp32-cam-arduino-ide/

こっちの方が楽だったじゃん…。

悔しいのでESP-IDFを使う方法はまた別途行うとして、動作確認としてお手軽だったのでArduino IDEを使用した。

 

自分の環境にはESP32関連の環境は入ってたけど、いったん最新のものに入れ直した。

あとは上記の通り、サンプルスケッチをちょっと書き換える。

自分が購入したものはAi-Thinker ESP32-CAMだったので、例と同じ。

それとwifiを使用するので、SSIDとパスワードを記載。

 

本体との接続はCP2102のTTLシリアルコンバーターを使用。

最初、書き込みできずに悩んでたけど、単にIO0とGNDを接続して書き込みモードにしてなかっただけだった。

接続して書き込みし、IO0から配線を抜いてリセットボタンを押す。

(このリセットボタンが裏側にあったので、押すのに苦労した)

その後、シリアルモニタを開いて出てくるURLの数字をWebブラウザで開くとカメラの画像に接続できる、はず。

しかしシリアルモニタ を開いても、URLらしきものが出てこない。

しかも文字化けしてた。

リセットボタンを再び押したり、書き込みし直したりしたけどダメだった。

でも書き込み時にエラーが出てるわけじゃないので、対応しようがない。

 

しかしもしかして…と思い、MacのLanScanといういつものアプリで現在LANに接続されているデバイスを確認。

Vendor名が「Espressif Inc.」となっているものがあったので、そのIPアドレスをWebブラウザで開く。

これがビンゴ。

映ってるのは天井。ボードが上を向いてたもんで。

 

困ったことに、表示がむちゃくちゃ遅い。

小さい静止画を撮るだけで数十秒かかる。ムービーなんてとても無理。

一応動くことは確認できたので、改善できるかどうか他の方法で試してみる。

Sponsered Link

Visual Studio CodeでESP-IDF

またうっかり変なことに手を出して、ESP-IDFが必要になった。
M5StackみたいにArduino IDEでも使えるかなと思ったらESP-IDFでないとダメなようで、せっかくなのでWindows10の環境にインストール。
先日入れたVisual Studio Codeはこれのため。
(また開発環境がごちゃごちゃしてきたぞ)

別にVisual Studio Codeでなくてもコマンドプロンプトでも動く(というかそれがデフォルト)けど、他にも使いたいものがあるので試しに入れてみた。

 

ESP-IDFのインストールに必要なものは以下。
 https://github.com/espressif/esp-idf
「Official development framework for ESP32」とある。
しかしドキュメントを見ると、書き込みまでに長い道のりがあって気が遠くなった。
 https://docs.espressif.com/projects/esp-idf/en/latest/get-started/index.html

上記は参考程度に留めておいて、とにかく日本語のマニュアルを探す。
意外とたくさんあって、逆に迷う。


自分はVisual Studio Codeを使う以下の記事を参照させていただきました。

 https://fanoutsendai-yagiyama.blogspot.com/2017/07/esp32-idfmakelinuxemacszsh-grep.html

上記を参照すれば全然問題ないんだけど、自分の環境でちょっとだけ気になった点をメモ。

 

公式からダウンロードするものは、githubからでなくドキュメント内のリンクから。

 https://dl.espressif.com/dl/esp32_win32_msys2_environment_and_toolchain-20181001.zip

…なんだけど、ダウンロードに結構時間がかかった。

これを解凍して、Cドライブ直下に置くのも時間がかかった。ファイルが多いんだな。

ESP-IDFをcloneするのも時間がかかった…けど、最初のダウンロードほどではなかったかな。

単純に、マシンが非力なんで。

 

ざっと通してつまづくところはなかったんだけど、Visual Studio Codeのバージョンが違うためかタスクのところでちょっと引っかかった。

Visual Studio Codeを起動して、2度目のCtrl+Shift+Pを押してtasksで検索するところ。

「タスク:タスクランナーの構成」という項目はなかったので、「タスク:タスクの構成」を使用。

 

それとメニューに「タスク」がない。「ターミナル」の中に「タスクの実行」がある。

あとはtasks.jsoの中の「"version": "0.1.0"」が引っかかる。

非推奨なので、2.0.0を使えということらしい。まあバグではなさそうなので、このままでも使えるかな?

というか、以上の設定でmenuconfigの起動は確認できた。

しかしまだそれ以外のメニューを確認していない。

改めてESP32のモジュールを接続して確認してみたいと思います。

Sponsered Link

Visual Studio 2017のアンインストールとVisual Studio Code

せっかく苦労してVisual Studio 2017をインストールしたのに、もうVisual Studio Codeに鞍替え。

やりたいことが主にVisual Studio Codeのほうにあったので、しかたなく入れ替えることにした。

ちなみに環境は当然Windows10。

 

いろんなものがインストールされちゃってるので、一通り調べてから作業した。これが正解だった。

公式のドキュメントを参照すると良いんだけど、

 https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/install/remove-visual-studio?view=vs-2017

やっぱり日本語で書かれた記事の方が、上記よりもわかりやすかったです。感謝。

 http://heetnote.com/vs2017-uninstall/

 

要は管理者権限で起動したコマンドプロンプトからInstallCleanup.exe を実行する、ということ。

全部削除するならオプションに-fを付けるんだけど、スタートメニューにアイコンが残ったりするかも。

(自分の場合はそうだった)

InstallCleanup.exe を実行後に残ったスタートメニューのアイコンから「ファイルの場所を開く」をクリックして、ごそっとフォルダをゴミ箱に入れて完全消去。

アイコンからアンインストールはできないです、実態がもうないので。

あとは一応Program Files (x86)内も確認して、Visual Studioのフォルダが残ってたら手作業で削除した。

 

次にVisual Studio Codeのインストール。これは簡単。

インストーラを以下からダウンロード。

 https://code.visualstudio.com

それを実行してインストール。自分は全てデフォルトのままにしました。

あとは日本語化したい場合は、「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」というのを入れる。

検索するといっぱい出てくるので一例だけど、以下のような感じ。

 https://qiita.com/ntkgcj/items/e77331932c7983dea830

これも難しくないですね。

 

Visual Studio CodeならMacでも使えるので、こっちの方が自分の環境では便利かな。

でも同じPCでの共存は問題なさそうなので、いつかやりたいことが増えれば、またVisual Studio 2017も入れることもあるかもしれない。

今回の場合も、ハードディスク(というかSSD)の容量があれば、入れっぱなしにしておいても問題なかったんですけどね。

Sponsered Link

気になること(小さいスマホ2019)

またちっちゃい画面のスマホが気になり出したので、チェックしておく。

AliExpressで「Melrose 2019」で検索すると出てくるやつ。

AliExpress.com Product - Pocke Mini 4G Smartphone Melrose 2019 Fingerprint ID Ultrathin 3.4Inch MTK6739 1GB 8GB Android 8.1 Smallest Student mobile phone

OSもAndroid 8.1でLTEも今度こそ対応してるらしい。

(一応しっかり確認しないと、2G/3Gしか使えないタイプがありそうな気がする…)

しかし画面サイズが3インチを超えちゃったか。

でも実際に使うには、このぐらいが良いのかもしれない。

 

AliExpressのいろんなお店で購入履歴を見ると、日本から購入した人も何人かいるみたいだから、そのうちレビューしてくれる人も出てくるかな。

 

例のSOYESもSOYES XSという新製品が出てた。

AliExpress.com Product - 2019 New SOYES XS Mini Smartphone 2GB+16GB Android 6.0 1580mAh 4G Mobile Wifi GPS Glass Body Backup Cellphone PK 7S Melrose S9

こっちはAndroid6.0だけど、画面サイズは3インチ。

微妙に差別化(?)されていて、どっちが良いのか悩むなあ。

 

個人的にはMelroseのスマホが好きなんだけど、検索してると自分が持ってる2.4インチで古いデザインのものが一気に減ってきている。

以下のはS9X Flagshipとあるから、自分が買ったのよりさらに新しいタイプで、2019年版より古い感じかな。

AliExpress.com Product - MELROSE S9X Flagship Ultra-thin Mobile Phone Mini Personality Student Pocket Smartphone

しかもだいぶ値下がりしてるんで、ちっちゃい画面のスマホが欲しくてうっかり後悔しても良い人はお試しで手に入れるのも良いかもしれない。

自分は去年買った三種類のミニスマホがまだ遊び切れてないので、様子見する予定。(…たぶん)

Sponsered Link