0.96インチ TFTディスプレイ

T-Watchの画像のずれ方とかメーターの画像を見て、これってだいぶ前に買った0.96インチ(160x80)のちっちゃいディスプレイならきれいに表示されそうだなと思った。
というか、たぶんそれ用のサンプル画像じゃないかな。

 

ST7735を使ってるTFTディスプレイで、フルカラーでOLEDとそう変わらない値段で売っている。

AliExpressだったらどこのお店でも2ドル前後。

AliExpress.com Product - GREATZT TFT Display 0.96 / 1.3 inch IPS 7P SPI HD 65K Full Color LCD Module ST7735 Drive IC 80*160 (Not OLED) For Arduino

なので使い道は考えてなかったけど、つい購入していた。
(自分の購入の動機ってこんなんばっかだな)

しかしAdafruit版はSDカードが挿せるので、便利な分値段が高い。

自分が持っているのは当然AliExpressから買ったやつなので、ディスプレイのみ。

 

Adafruit関連のスケッチをよくいじってるなら、Arduino IDEにはST7735のLCD用のサンプルスケッチがすでにあるはず。

スケッチ例→Adafruit ST7735 and ST7789 Libraryの「graphictest」。

メーカーによって違うようだけど、自分が持っているやつとArduino UNOへの接続は以下。

 

  • SCL D13 
  • SDA D11 
  • DC(RSだったりA0だったりする) D8 
  • RESET D9 
  • CS D10 
  • GND GND 
  • VCC 3.3V 

※BLKという端子もあるけど、これは接続しない

 

スケッチはサイズによってコメントアウトするのを忘れずに。

  // OR use this initializer (uncomment) if using a 0.96" 160x80 TFT:
   tft.initR(INITR_MINI160x80);  // Init ST7735S mini display

これで一応表示される。

 

一応0.98インチ用に直したけど、Helloの文字がはみ出たりとか完全には対応していないっぽい。
表示するパターンの種類によっては、ちゃんとディスプレイに収まってるけど。

そもそもこの手のディスプレイって調べても1.8インチが標準らしくて、そっちのスケッチばっかり見つかる。
これも課題になりそうだな…。

 

余談だけど、以下のAdafruitの取説(?)がすごく参考になる。

 https://www.marutsu.co.jp/contents/shop/marutsu/ds/adafruit-mini-tft-0-dot-96-inch-180x60-breakout.pdf

マルツ電波に置いてあったマニュアルだから日本語かなと期待したら、残念ながら英語。

この中から「Adafruit-ST7735-Library-master」をダウンロードしてインクルードしてもgraphictest.inoはほとんど同じ。

SDカードのスロットがあると画像を入れておけるので便利だし(大きいサイズのならそういうの持ってるし)、こっちもいずれ手に入れたいな。

Sponsered Link

コーラ缶もどき携帯電話

小さいスマホを買おうとして、変なもの買った。

いつものAliExpress。検索すると、いろんなお店で同じもの売ってます。

 

何かのロゴに似ているけど、よく見ると綴りが違う。

前にも車のミニもどきのガラケーを買ったけど、そんな感じのパチもん。

箱はつぶれてたけど中身は無事。強い。

2Gしか使えない携帯だから国内ではどうしようもないんだけど、20ドルもしないので面白くてつい手が滑った。

これぞ中華スマホ…じゃなくて携帯という感じで、こういうの大好き。

このシリーズで他のカンのパッケージもあって、ペプシやハイネケンもどきもいいなと思った。

 

中はSIMとSDカードのスロットがある。

バッテリーを見たら、今年の9月生産になってた。

しかしそんなに新しい機種とも思えないんで、他のガラケーとかと共通かな。

 

起動してみると、デュアルSIMなのがよくわかる。

背景が実はコーラを注いでる画像なんだけど、解りづらい。

 

いじってみたところ、どうもwifiが使えないっぽい。
BluetoothはOKなんだけど。
カメラは使えるけど、すごく画質は悪かった。そりゃそうか。

 

それとあとは録音と、MP3の再生ぐらいなら一応できる。
なんかよくわからない環境音楽っぽいものが入ってた。時計のアラームとかで使うのかも。

MP3プレーヤーとして使うのもありかな。ネタとして。

前に買ったガラケーも早々に起動しなくなったんで、動作とかはあまり期待してません。

また他の端末と同じように、最終的にはバラして遊んじゃうと思います。

Sponsered Link

TTGO T-Watch(その2)

もうちょっといじったメモ。

 

このモジュールに限った話じゃないんだが、Arduino IDEで選択できるサンプルスケッチが何をするものなのかわかりにくい。
T-Watchは
 https://github.com/Xinyuan-LilyGO/TTGO_TWatch_Library
のexamplesにいろいろ入ってるのを見ることができるんだが、これについてのドキュメントがここにはない。
どこにあるのかも今のところ探しきれなかった。
プログラムを読める人なら見るだけでわかるだろうけど、自分みたいな万年初心者にはひとつずつスケッチを実行していくしか動作確認できない。

なのでさっそく最初のサンプルから使ってみようと思ったら、そもそも持ってるT-Watchの種類によって使えるスケッチが違ってくるので全部は無理だった。

 

とりあえず自分が持ってるT-Watchはタッチパネルのなので、その名の通り「TouchPad」というのを使ってみる。
スケッチ自体はすごく小さい。

タッチした画面の座標を出すだけだった…あんまり面白くない。

 

「TFT_eSPI」はよくある画面表示のサンプル。

この手のモジュール使ってる人なら、どこかで見たことがあると思う。
いろんな種類が含まれているので、移植しやすかったんだろうか。

いくつか入れてみたけど、なんか位置がずれてるような気がする。

 

「sdcard」は刺したSDカードの中身を確認する。

大量に変なSDカードを持ってるので、パソコンとか起動せずに中身をちょっと確認するのには便利かも。

このとき入れたのは中身が空っぽのやつ。

しかしフォントが小さいなあ。でもサイズぐらいなら編集できるかな。

 

「Games」にはFlappyBirdが入ってる。これ一つだけ。

でも全然攻略できないので、ゲーム画面が撮影できなかった…。

しかも電源ボタンが効かなくなる。(たぶん、ゲームに使ってるから)

他のスケッチを上書きしたら切れるようになったので、良かったけど。

 

あとはブザー付の基板も購入してるので、そっちにすればアラームも鳴らすことができるとは思う。
でもまだ全然遊びきれてないので、しばらくタッチパネルで使っていきたい。
(変えるのめんどくさい、という話もある)

T-WatchはM5Stackと違って使ってる人が少ないので、公式のサンプルが頼り。
せっかく面白いアイテムなんだから、モジュール本体だけじゃなくてプログラムもどんどん増やして欲しいところ。

Sponsered Link

TTGO T-Watch(その1)

ESP32を使ったモジュールで、TTGOのT-Watchというのを購入。

以下は購入先じゃないけど、参考までに。

AliExpress.com Product - ESP32 Lora Development Kit Touch Screen T-Watch Programmable Wearable Environmental Interaction WiFi Bluetooth

AliExpressで購入するときには「LilyGO Store」で検索してみてください。

 

時計にすること前提っぽくて、ここには写ってないけど腕時計のベルトがデフォルトで付属してた。

大きさはM5Stackより一回り小さい。なかなかかわいい。

今回購入したのはTouch sensorのケース付きのと、Motor And Speakのボードのみ。

 

電源を入れてみたらこんな画面。

これだと面白く無いのでとりあえず、シンプルなスケッチを入れてみることにした。

公式のドキュメント&データ類は以下。

 https://t-watch-document-en.readthedocs.io/en/latest/basics/index.html

 https://github.com/Xinyuan-LilyGO/TTGO-T-Watch

しかし、ここはあえてMac上のArduino IDEを使ってコンパイルしてみる。捻くれ者なんで。

 

必要なライブラリは

 https://github.com/Xinyuan-LilyGO/TTGO_TWatch_Library

からダウンロードして、Arduino IDEにインクルード。

 

ESP32関連の環境がまだ無いなら、環境設定で「追加のボードマネージャーのURL」には

 https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json

を記入。

導入済みなのにTTGO-T Watchが見つからないなら、ボードマネージャーで

 タイプ:「提供された」

で「esp32」の更新を確認。

最新になっていれば、ボードの選択で「TTGO T-Watch」が選択できるはず。

 

TTGO-T Watchのサンプルスケッチから、SimpleWatchを開いてコンパイル。

転送もエラーなく無事完了し、こんな感じ。

タッチスクリーンなので、画面をタップするとWifi設定の画面に行ったりする。

 

表示もきれいな感じだし、結構遊べそう。

ただ、あまり使ってる人がいなさそうなので、サンプルスケッチからカスタムしていくしかないかな。

中身のボードのバリエーションも他にあるので、また色々買って使ってみたい。

Sponsered Link