Rock音!アナログ系ギター・エフェクタ製作集

いつもの買い物メモ。ここんとこ本の購入の方が多くなっている。

先日のトランジスタ技術に続き、CQ出版社の本。

でも音楽系とも言える。

 

トランジスタ技術で連載されていた、自作エフェクターの記事をまとめたもの。

自分としてはこうやって本になるのを期待してずっと待ってたので、すごく嬉しい。

 

購入してびっくりしたのは、内容ではなく本の大きさ。

「CQ文庫」シリーズって初めて購入したけど、その名の通り文庫本サイズなのか。

ラインナップをみたらまだ4冊しかないから、最近出て来たシリーズらしい。

サイズは小さめだけど、文字が比較的大きいので老眼にも優しいです。(←これ結構重要)

 

内容は、連載されていた内容と部品等の情報をちょっとプラス、という感じ。

もっと加筆されてるかもしれないけど、自分は連載中のトランジスタ技術はたまにしか購入してなかったので違いはわからない。

最初の記事は読んだのを覚えてるけど、2015年ごろだったんだなあ。あれからもう5年経ってたとは。

 

実際に作ってみたい人はもちろん、読むだけでも面白いので、エフェクター好きな人はぜひ読んでみてもらいたいと思います。

回路図の基本の知識はあった方がいいけど、そこまで理解できなくてもどういった原理で音が変わるのかとか、ざっくりとでもわかると楽しいんじゃないかな。

Sponsered Link

トランジスタ技術 2020年 5月号

かなり出遅れて、今さらトラ技の5月号を購入。

しかし出遅れすぎて、amazonとかだと古本になってしまう。

うっかり出遅れたのは、5月号の内容を勘違いしてたため。

CPUの基本なんて、最近よくいじってるFoolish4とかと同じじゃないか。

アプローチはかなり違うけど、これは手に入れておきたいと後から思った。

 

公式ホームページからなら、まだバックナンバーの在庫がある。

せっかくなので、バックナンバーと付属基板用の部品を一緒にしたキットを購入。

 https://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/MTR/MTR202005.html

購入する際にいつものPDFダウンロードのパスワードを入れたら、ログインできなかった。

電子書籍のページとは別に、こっちでも会員登録が必要だったとは…。

とにかく新しくログインし直して無事購入。

 

で、上記のリンクからキット(BTM-C)の販売ページに行けるはずだったんだけど、今はなぜかリンクが消えている。

(※今は復活していました)

なんか問題でもあったんだろうかと思ったんだけど、少なくとも自分のところでは問題があった。

 

せっせと組み立てていたら、なんと部品が足りなくなった。

中国の基板のキットじゃないんだから…と思ったけど、中国から直接買うキットの場合、抵抗などのディスクリート部品が足りなかったことはない。

どちらかというと、やたら余る。

足りないと文句を言われるぐらいなら、ちょっと多めに入れておこうという考えだろう。

(たぶん部品のコストも段違いに安いだろうし)

 

まあ手持ちのチップ部品でなんとかするかと思ったけど、せっかくお金出して買ってるのに部品が足りないってそれはダメだろと思い直し、QC出版の通販サイトにメールしておいた。

半田付けの最中に気付いたんで、交換すると言われても困るんだけど、まあ一応。

※追記:次の日に速攻で不足部品が送られて来ました。ありがとうございました。

 

対応待ちの間に、基板の動作チェッカーを作成しておこうと思う。

ちなみにこのチェッカー用基板のついたセットもマルツ電波で売られてた。これを買うという手もあったかな。

 https://www.marutsu.co.jp/pc/i/1633080/

Sponsered Link

CASIO fx-CG50(使い方とかのリンクまとめ)

今さら使い方や紹介ページなんかのメモ。(見つけ次第追記するかも)

探してみたら押さえておきたい情報が意外とあった。

かなり使い込んでる人もいるので、見習いたい。

 

●まずは普通に、メーカーのホームページ。

 https://casio.jp/dentaku/products/fx-CG50/

取説やOSのアップデートツールもここから。

 

●公式ページにある、使い方の動画。

 https://web.casio.jp/dentaku/fxcg50/movie/index.html

最初は普通の計算式すら入力に手間取って取説と格闘してたので、上記を参考にした方がいい。

自分が買った時はここまで充実してなかったと思う。

個人的に動画のマニュアルはあまり好きじゃないんだけど、改めて見たらわかりやすかった。

 

●公式よりずっと充実してる、fx-CG50の紹介ページ。USA版とあります。

 https://calculator-cafe.com/calculators/CASIO_fx-CG50/fx-CG50.html

実は購入前にこちらを参照させていただいてました。

そもそもいろんな種類の電卓について充実した情報が得られるサイトです。

 https://calculator-cafe.com/index.htm

トップページからいろんな電卓や、それに関する知識を読んでいるだけで楽しい。

(そして欲しくなる)

 

●主にカシオの関数電卓全般ですが、実用性が高そうな情報がいっぱい。

 https://egadget.blog.fc2.com

こちらは先日バージョンアップするときに見つけたところなので、まだ読み込んでないです。情報量がすごくて追いつかない。

関数電卓そのものではなく、カシオの電卓に搭載されている「Casio Basic」の紹介がメインのようです。

これがよくわかってないので、これからじっくり勉強させていただきます。

fx-CG50の紹介ページは以下ですね。

 https://egadget.blog.fc2.com/blog-entry-594.html

 

関数電卓についての個人サイトを発掘すると、これはかなりハマりやすい沼だなと実感。

読んでいると、どんどん他の電卓にも興味が湧いてくる。

スマホより安いというのも手を出しやすくてマズい。ほどほどに我慢したい…とは思ってる。

Sponsered Link

CASIO fx-CG50(バージョンアップ)

一昨年購入した関数電卓の、CASIO fx-CG50。
最近は国内のamazonで簡易パッケージ版の並行輸入品も購入できるようだ。

輸入品は国内版より安いが、ケーブル類は一切ないんで困ることはあるかも。

 

買ったはいいが多機能すぎてほとんど放置していたら、今年に入ってOSバージョンアップしていることを知った。
よく見ると去年もバージョンアップしてたらしい。でも気付いてなかった…。

自分の電卓を見るとバージョンは3.20。Pythonが入った頃のもの。

最新のバージョンが3.40だから、一度3.30にしたほうがいいんだろうか?と一瞬悩んだけど、めんどくさかったので直接最新にバージョンアップしてみることにした。

でもバージョンアップの方法が全然わからない、と思ったら、ダウンロードのページに全部あった。

 https://support.casio.jp/download.php?cid=004&pid=2126
とにかく先に進んで、専用のツールをダウンロードすればいい。
(3.40はWindowsしか対応していない、Mac版は3.30まで)
同じページにバージョンアップのマニュアルもある。

 

PCと電卓をUSB接続しようと思ったら、懐かしのMini。

古いとはいえいっぱい持ってるはずなんだけど、最近はCタイプしか使ってなかったせいでケーブルを探し出すのに苦労した。
あとはリンク先にあるインストールマニュアル通りに実行。
注意点はLinkモードでUSBが選択されているか確認しておくことと、Windows上のツールを起動してから電卓と接続することぐらいか。

数分かかるけどその間は放置。

終わってみるとちょっと画面が変わった…気がする。


3.30のバージョンアップをすっ飛ばしたけど、無事に3.40になっていることを確認。

直接3.40に上げても問題なかったようだ。

 

これでPython辺りのグラフィックが強化されたらしいので、もっと使ってあげないとな。
実際のところ、プログラムでは全然使ってない。そもそもそこが売りなのにもったいない、と自分でも思ってる。

Sponsered Link