M5Stack(UI FLOW続き)

M5UI.Flow(バージョン0.8.0)の設定した後、続き。
しばらく放置かと思ってたが、突然「あ、なんか解るかも」と降って来たので、やったことをメモる。

前回の続きとはいえ、最初からでなく再度起動して接続するのはどうしたらいいのかでちょっと躓いた。
(毎回コケてばかり)


リブートして最初の起動画面で、SETUPではなく左端のUPLOADを選択すればいいのはなんとなくわかった。
wifiにアクセス成功した後、画面にはAPIKEY(一応隠す)とQRコードが表示される。

PCのWebブラウザから、
 http://flow.m5stack.com
に接続すると、APIKEYを入力する画面になるので入力。たったこれだけだった。

後からでも右上の設定アイコンで画面が出てくる。

問題はこの先。簡単に動作確認する。

中央にあるメニュー(?)の中から「emoji」を選択。出てくるグリッドに適当にチェックを入れてみた。

これを、もともと画面上にあった「Setup」とくっつける。

完成したら、M5Stackにアップロード。ダウンロードみたいなアイコンだけど、アップロード。

M5Stackと接続してるかどうかわからなかったんだけど、クリック後にM5Stackの画面がこうなってたのでデータ転送中だとわかった。

PCの画面上にも、上部にデータ転送中とか成功したとか、英文が出てる。これも最初気付いてなかった。
データ転送後、自動でリブートされて画面にさっきのドット絵(?)が出てくる。どうやら成功。

背景がなぜかファンシー。

 

実は最初このUIが自分にはさっぱりわからなかったんだけど、別件で(絶賛積みボード中の)micro:bitを使ってみようかなーと調べたりいじっていたら、インターフェースが似てたんで理解できた。
というより、micro:bitのLEDで図形を作っていて「M5Stackのアレに似てる…」とようやく気付いた。
なんだ、ものすごくわかりやすいじゃん!と、目が覚めた感じです。
気付けばなんて事ないんだが、気付かないといつまで経っても解らない。(頭固くなってるもんだから)

 

ちなみに、起動画面でAPP.LISTを選択すると、サンプルプログラムが出てくる。

M5GOとか、他のシリーズを手に入れたら使ってみたい。

Sponsered Link

Anica i8(その1)

今はいろんなところで11/11のセール中だけど、その前にまた2.4インチスマホを購入していた。

以前気になることで書いていた、Anica i8というミニiPhoneもどき。

久々に、梱包もなく封筒に突っ込んだだけの状態で届いたけど、無事起動できました。

参考までに、AliExpressでの値段。ここ以外にも取り扱ってるところは多い。

AliExpress.com Product - Original Anica i8 Mini Smartphone Android 6.0 2.45" WCDMA 3G CellPhone WiFi GPS Speaker Celulares Mobile Support Google Store

日本円で5500〜6000円切るぐらいが目安かな。

LTEがなくて3G止まり、OSもAndroid 6.0なのでこんなもん。

付属品はフィルム2枚(なぜか裏表)とケースも付いてる。なかなか良い。

ケースあるから裏のフィルムいらないよね、と思いつつも一応貼った。

取説は中国語しか書かれていなかった。

でも最初に貼ってあるフィルムの裏面に、簡単な説明が書いてある。やっぱり中国語だけど。

デュアルSIMにするか、一方にSDカードを入れるかという選択ができるようだ。

左上のは消音のボタンらしい。

 

まだフィルム貼って電源が入ることを確認しただけ。

他にもいっぱいおもちゃ(中華スマホとマイコンボード類)があるので、最近なかなかいじれない。

でもスペック通りかどうかぐらいは確認しておこうかな。

Sponsered Link

Sailfish OS Ver 3.0.0.8

ついにVer.3の正式リリースが来た。

自分のXperia Xにも降って来たので、さっそくダウンロード&インストール。

しかし時間が悪かったのか、1時間以上かかってしまった。
こんなに時間がかかったことって過去になかったんじゃないかな。

それに比べてインストールは問題なく、すぐ終わった。
再起動後、最初に出てくる画面。

なかなかカッコいい。

そういえばStartクリックしてもチュートリアルはなかったな。別にいらないけど。

一番変わったのは、画面上からスライドした時に出てくる画面。

最近のAndoridもメニューがあるけど、そんな感じかな。

日本語化したJollaもバージョンアップしたけど、Ambiencesのタイトルの一部がよくわからなかった。

英語だとRollingになってる、3番目の「圧延」って…と思って検索したら、そうかローラーの回転(で、加工すること)だからか。

他に一言で当てはめる単語がなかった、ということかな?

 

それにしてもAquaFishはもうバージョンアップないのかな。
ツイッターで改造(Jolla Cと思わせる)方法の書いてあるフォーラムを教えてもらったので、それを参考にいじろうと考えたんだけど、今のOSはこれはこれで貴重なんじゃないかと思うと手が出せない。
しばらくそのままにしておきたいかな。

Sponsered Link

M5Stack(UI FLOW)

Windows10でArduino IDEでM5Stackを使えるようになったついでに、M5UI Flowもセッティングしたときのメモ書き。
正直、ちょっと戸惑った。

やり方は、基本的には下記チュートリアルで詳しく説明されている。
 http://forum.m5stack.com/topic/313/lesson-14-ui-flow-hello-m5-ui-flow
ただ、すごい勢いでバージョンアップしているので、多少M5Stackの表示が変わってた。

 

今回はWindows10上で使用。

最初にM5Stack本体のファームウェアを書き換える必要がある。
M5Stack本家(http://m5stack.com/)から、ファームウェアを書き込むためのM5Burner-for-windowsというツールをダウンロード。
M5Burner.exeを起動。

M5StackをPCに接続し、チュートリアルのStep 4を参照して、ポートとスピード、ファームウェアを選択。
このファームウェアは自分が入れたときは0.8になっていた。
これでBurnをクリックし、しばらく待つ。ときどきプチプチとノイズがするかもだけど、気にしない。
ちなみに以前書き込み不可能になったM5Stackでやってみたら、やっぱりエラーで終わった。(どうでもいい)

 

書き込みが終わったら、USBを引っこ抜いてM5Stackをリブート。

この画面がチュートリアルとちょっと違うけど、とにかくSETUPでいいだろうと、右端のボタンを押す。

放置すると数秒で画面が消えてしまうので、急いで押す。

次の画面では「Link Server: Flow.m5stack.com」を選択。

PCからWifiでアクセスするためのアドレスが出てくるので、PCのWifi設定から選択して接続。

常にM5Stack-(数字)と言うアドレスになるのかな?

接続するとすると今後は192.168.4.1にアクセスする必要がある。

WEBブラウザを起動して、192.168.4.1に接続。
チュートリアルのStep 9の通りの画面が出てくるので、今度は普段使ってるwifiのアドレスを選択してパスワードを入れて接続。
Step 10の画面になったら成功です。
自分は1度目はこれにならず、最初からやり直しました。

 

というわけで、バージョンが上がって画面表示が変わったけど、基本的な流れは変わってません。
この後、ブラウザからhttp://flow.m5stack.comに接続し、設定からM5Stackに表示されているAPIKEYを入力してプログラムをやり取りできるようになるんだけど…まだ使い方が良く解らない。

まだまだファームウェアもバージョンも上がるだろうし、のんびり調べて使っていくことにする。

Sponsered Link