有線LAN用USBアダプタ(for Windows10)

One Mixでwifiが繋がらない話から繋がってるんで、昨日の続きになる。

苦労したのはネットワークに接続されていないと、必要なツールがダウンロードできないこと。

なので有線でLANケーブルを繋ごうと思った。

 

本体にコネクタがないので、アダプタが必要だなと思ったんだけど、そういえばだいぶ前にAliExpressで購入していたことを思い出した。

その時はSBC用に購入していた。が、ちょっと使ってしまいこんでいた。

購入履歴から確認したら、

「Micro USB to Network LAN Ethernet RJ45 Adapter with 3 Port USB 2.0 HUB Adapter: Computers & Accessories」

という長い名前の商品だったが、すでに購入先がなくなっていた。

 

調べているとどうやら本来はCD-ROMが付いている商品のようなんだが、当然のようにそんなものは付いてなかった。

おかげで2.58ドルという、妙に安い値段で購入できた。

しかし今なら2ドルを切る。さらに怪しい。

 

これを(TypeBなのでCの変換アダプタを付けた上で)ONE Mixに接続したところ、認識してくれなかった。

やっぱりダメかと思ったけど、ドライバがないのがそもそもの原因だと気付く。

差し込んだ時にコントロールパネルのデバイスマネージャーに

 USB 2.0 to 10/100M Ethernet Adapter

と出てくるので、これを元にドライバを検索していくつかインストールしてみたが、全然ダメ。

 

そこで本体に記載されている、1PortUSB Network with 3PortUSB HUBという名称(?)で検索しまくったところ、これが意外といろんな情報が引っかかった。

その中で、この分解した画像。

 https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?t=225509

SR9700というチップを使っていることがわかる。

上記の情報を元に、どっかにドライバが落ちてると思い検索して、以下を発見。

 https://www.driverscape.com/download/usb-to-ethernet-adapter

これをダウンロードしてUSBメモリに入れてONE Mixに接続し、ドライバの更新でこのファイルを指定したところ、インストールができた。

これで実際に有線LANでネットワーク接続成功。Windowsアップデートが行えた。

というかまだやってる。(速度遅い)

 

でも実は、これに気付く前に別のUSBアダプタ買っちゃったんだな…。

ただ、こっちはUSB TypeCで3.1使ってるし、当然早い(と、思われる)ので、これはこれでいいと思ってる。

届いたらこっちでWindowsアップデートしてみることにする。

Sponsered Link

ONE NETBOOK One Mix 1S(wifi不具合と格闘中)

ONE Mixその後、やってることをメモ。
まだ解決に至っていない。

 

順調に使ってたんだけど、ある日いきなりwifiが繋がらなくなった。
厳密には繋がるんだけど、すぐ切れる。
Windows10だとアップデート後にはよくある話。だけど、やっぱり困る。
今までの中華PCでは起きなかったので、結構優秀だったのか、単にタイミングが良かったのか。

検索してみるとだいたい皆やってることは同じ。
例えば、以下のブログ等に丁寧に書かれているのを参照させていただいた。

 https://30shikakuron.com/windows10wifisettei.html

 https://freepc.jp/post-19770

書かれていることは一通りやったつもり。
ただ、Windows7からアップデートしたPCに症状が多いらしいので、この端末には当てはまってないかもしれない。
しかしWindowsって中で何やってるか解り辛い。

 

上記以外に、試しに無線LANのドライバを削除して再インストールしたり。メーカーの最新のドライバをインストールしてみたりした。
自分の環境のドライバでは、ダウンロードはここ↓から。

 https://downloadcenter.intel.com/ja/product/89450
でも結局問題ないようだった。

 

これで再起動を繰り返してみたりしたけど、結局改善には至ってない。
新しいWindowsアップデートがあるようなのでダウンロードしたいけど、それもできないし。

こういうとき有線でネットワークに接続できないのは辛い。
これが治ったとしても、USB接続で有線LANを使えるアダプタは購入しておいたほうがいいなと思った。で、現在購入検討中。

でもやっぱりWindowsをクリーンインストールした方がいいかもと思い始めてる。

 

(10/20追記)

結局、ルーターを再起動(リセット)しただけで治りました…。

今までの苦労は一体なんだったんだろう。

Sponsered Link

M5StickC(その4)

久々にM5StickCをいじってたので、メモしておく。

 

台風の時は気圧を測ろうと思ってたんだけど、規模が想定外だったせいでそれどころじゃなかった。

サンプルで前に入れていたものでちょっとだけ測ったけど。

 

表示は似たようなのだけど、検索して見つけた以下のをやってみたかった

これだとヘクトパスカルの表示がちゃんとしてる。

 https://ambidata.io/samples/m5stack/m5sitckc/

最終的にデータをM5Stackに転送する実験もできるけど、今回はそこまでしない。

 

ただ、上記は「M5Stack用環境センサユニット」というのを使っている。

自分の手元にはENV HATしかないので、もともと使っていたENVサンプルスケッチから書き換えた。

試しにそのままコンパイルして書き込んでみたら、思いっきりLCDにエラーの表示が出た。

(でも普通にコンパイルしてM5StickCに書きこめちゃうんだな)

 

といってもheadingDegreesの表示がなくなるので、かなり短いスケッチにできる。

ざっくりと、こんな感じ。

 
#include <M5StickC.h>
#include "DHT12.h"
#include <Wire.h>
#include "Adafruit_Sensor.h"
#include <Adafruit_BMP280.h>
#include "bmm150.h"
#include "bmm150_defs.h"
DHT12 dht12; 
BMM150 bmm = BMM150();
bmm150_mag_data value_offset;
Adafruit_BMP280 bme;

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  M5.begin();
  Wire.begin(0,26);
  M5.Axp.ScreenBreath(10);
  M5.Lcd.setRotation(3);
  M5.Lcd.setTextSize(2); 
  M5.Lcd.fillScreen(BLACK);
  pinMode(M5_BUTTON_HOME, INPUT);

  if(bmm.initialize() == BMM150_E_ID_NOT_CONFORM) {
    Serial.println("Chip ID can not read!");
    while(1);
  } else {
    Serial.println("Initialize done!");
  }
  if (!bme.begin(0x76)){  
      Serial.println("Could not find a valid BMP280 sensor, check wiring!");
      while (1);
  }
}
uint8_t setup_flag = 1;

void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
  float tmp = dht12.readTemperature();
  float hum = dht12.readHumidity();
  float pressure = bme.readPressure();
  double vbat = M5.Axp.GetVbatData() * 1.1 / 1000;  // バッテリー電圧を取得 ----D

    M5.Lcd.setCursor(0, 0, 1);
    M5.Lcd.printf("temp: %4.1f'C¥r¥n", tmp);
    M5.Lcd.printf("humid:%4.1f%%¥r¥n", hum);
    M5.Lcd.printf("press:%4.0fhPa¥r¥n", pressure / 100);
    M5.Lcd.printf("vbat: %4.2fV¥r¥n", vbat);
    delay(10 * 1000);

  bmm150_mag_data value;
  bmm.read_mag_data();

  if(!setup_flag){
     setup_flag = 1;

     if(bmm.initialize() == BMM150_E_ID_NOT_CONFORM) {
    Serial.println("Chip ID can not read!");
    while(1);
  } else {
    Serial.println("Initialize done!");
  }
  if (!bme.begin(0x76)){  
      Serial.println("Could not find a valid BMP280 sensor, check wiring!");
      while (1);
  }
 }

 if(digitalRead(M5_BUTTON_HOME) == LOW){
  setup_flag = 0;
  while(digitalRead(M5_BUTTON_HOME) == LOW);
 }
}

インクルードするファイルはサンプルのをそのまま使う。

で、ちゃんとENV HATで同じ表示が出るようになった。

 

次の台風(あんまり酷いのはやめて欲しい…)の時には、余裕があればこれで計測しようっと。

Sponsered Link

別ブログ引っ越し

どうでもいいお知らせ。

 

以前ちょこっと書いた勉強用に作ったブログですが、引っ越ししました。

ねこめもmkII(マークツー)https://nekomemo2.hateblo.jp

 

今のところ、OS自作入門の続きしかやってません。

7日目ですでに30日超えてますが。

はてなブログはここと違ってカテゴリが増やせるのでいいですね。

 

前のgooブログもまだ残してあります。

一度作ったものをすぐ放棄するのももったいないなあと思うので、どうでもいい(?)ネタはそっちに隔離するとか、何か使い方を考えてます。

しかし増えると管理がめんどくさいなあ。

Sponsered Link