中華パッドでLinux(その4)

以前の記事(中華パッドでLinux(その2))で使用した「Complete Linux Installer」。
ふと思い立って、前回入れたサイズのSmallではなく、Largeを入れてみることにしました(Linux自体は同じUbuntu)

で、すぐに後悔しました。
当たり前ですが、ダウンロードに時間がかかる。3時間ぐらいかけて1.4GB近いサイズを落としました。

しかもダウンロードしたファイルをファイルマネージャー内で解凍しようとしたらエラーが出て解凍できない。
仕方ないのでPCにUSB接続していったんPCにコピーして解凍し、できた2つのファイルをD80Wに戻しました。
1.3GBを4GB近いファイルに解凍するので容量足りないのかと思ったら、そうでもなかったので単にファイルが大き過ぎなのかも?

あとは以前と同じようにLinux起動。
VNCの設定も、パスワードさえ同じにしておけば変更せずにそのまま起動できました。
そして見慣れたUbuntuの画面が。


で、やはり重いです。
ただ、Linux内のファイルを検索することぐらいは充分できます(それがしたくてX Windowを起動したんですが)。
ソフトウェアキーボードは出て来なかったので、いったん切ってUSBでキーボード繋ぎ直して使っていました。

ちなみに調べたかったのは外付けのSDカードがどこに見えているか。
ターミナル上でdmesg | tailとすると、mmcblk0がSDカードなのは明らかなのですが、Ubuntu Linuxを起動して/devの中を見てもmmcblk0がない。
どこに行っちゃってるんでしょうねえ…。

Sponsered Link

コメント