中華パッドとMac(その2)

タブレットを譜面用にするのも飽きてきたので、最近はLinux使えないかとか、PCに繋いで遊べないかとか、そんな使い方を模索中。
当初は安いしなかなかの作りで中華パッドっていいなあと思ったのですが、使う人が一工夫しないといけないとか、数ヶ月使ってると不安要素がちょこちょこ出てくるとか、いろいろ思うところがあります。
元々電子ガジェットをいじるのが好きとか、最低限の使い方しかしないということであれば全く問題ありません。
品質もばらつきが大きいし電池の消費は早いし(←ここがネック)、結局値段相応ということですかね。

で。VNCはできたので、今度は中華パッドをアプリの力でPCのサブモニタにしてみます。
PC(自分の環境ではiMac)の画面の拡張になります。

似たようなことを考える人はたくさんいるようで、検索したらすぐに発見。
Mac相手の場合、
Air Display
iDisplay
但しどちらも有料。
ちなみにWindowsならkodamaという無料アプリがあります。
そちらはWindowsマシンのほうでいずれためしてみようと思います。

今回はiDisplayを購入します。値段が倍違うのでこっち。(iDisplayは2012/9現在で399円)
Macのほうにもアプリをインストールしておく必要があります。こちらから無料でダウンロードします。
インストール後、PCを再起動してアプリも起動しておきます。

中華パッドでアプリを起動すると最初はUSB接続のみリストに見えています。
今までVNCとかは無線LANが当然だったので、USB接続で少しでも充電しつつ使用できるのはメリット…かな?
しばらくするとiDisplayを起動しているMacにコネクトします。これをクリック。


自分のMacの画面上に繋いでもいいかどうか聞いてくるので、Allowを選択。一瞬画面が青くなるけど慌てずちょっと待つ。
これだけであっさり起動しました。
中華パッドの画面をダブルクリックすると、カーソルが中華パッド上に移動します。
Macの画面にカーソルを戻すには、左に移動させるとMac画面の右から戻ってきます。

Photoshopを起動して、メニューの一部を中華パッド側に持ってきてみました。


タブレット上で直接カーソルを動かすとちょっと遅くなるときがあるので、レイヤーやプレビューを表示させておくと便利。

というわけで、400円弱で結構使えます。
元々はiPad用のソフトウェアのようなので、Macと相性がいいのは当然かも。
Sponsered Link

コメント