ZeroPi

先日購入したNanoPiシリーズの一つ、ZeroPiの動作確認。

 

最初に手に入れたNanoPi Neoよりなんか一回りぐらい小さいな、と思ったら、全くの気のせいだった。

見比べてみるとすぐわかる。

NanoPiがケースに入ってるからデカく見えるわけじゃないです、コネクタの位置とか同じだし。

これならケースやヒートシンクが使い回しできて嬉しいかも。

 

基板上のシルクが無くなっただけで、ごちゃごちゃ感が減ってる。

あとはディスクリート部品がことごとくひと回り小さくなって、入出力のピンが減った。

ちょっと寂しいかなと思ったけど、自分の場合NanoPiでもオーディオ関連しか結局使ってなかったので、ZeroPiでもたぶん使わないだろうなと思う。

 

公式のページは以下を参照。

 http://wiki.friendlyarm.com/wiki/index.php/ZeroPi

imgファイルは上記内のリンクからダウンロードしたもの。

 http://download.friendlyarm.com/zeropi

しかし最初、どこから落としたら良いのかわからなかった。

上記のGoogle Driveの、ZeroPiフォルダ内のさらにoffical-ROMsからダウンロードする。

 

今回のイメージファイルは

zeropi_sd_friendlycore-xenial_4.14_armhf_20191219.img

を使用。でもちょっと古かったな…。

いつものbalenaEtcherでSDカードに書き込み。ZeroPiに挿して、電源も繋いで準備OK。

LEDが点滅してるので、今回は起動も出てきてるようだった。

 

接続は物理ケーブルで、IPアドレスはMacのアプリ「LanScan」で検索。

MacのターミナルでSSHで接続

 % ssh root@(IPアドレス)

…しようとしたら

 WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! 

が、出た。これもよくある。

しかし最近は親切に、どういったコマンドを入れて対処すれば良いかも出てくるらしい。今回自分の環境では出なかったけど。

わかりやすかったのは以下。

 https://qiita.com/wnoguchi/items/690f3f4651f8f11e4ed3

上記に倣って、ssh-keygenで消してみた。こんな感じのメッセージと共に、元のアドレスは消えたらしい。

 % ssh-keygen -R (IPアドレス) 

 # Host (IPアドレス)  found: line 19

 /Users/neko/.ssh/known_hosts updated.

 Original contents retained as /Users/neko/.ssh/known_hosts.old

これで再度SSH接続して、無事起動。この基板は特に問題なく起動が確認できた。

 

OSはUbuntu 16.04.2 LTS、ちょっと古いけど安定してるから良いか。

あとはsudo apt updateとupgradeでパッケージは最新にして、その後環境設定する予定。

(まだダウンロードしててなかなか終わらない)

あと、やっぱり結構発熱してる。ヒートシンクを着けてから起動すればよかった。

でもNanoPiほどではないかな。

 

以前NanoPi NEOではDietPiを使ってたので、そっちにした方が軽くて良いかな。

 https://dietpi.com

上記を確認したところZeroPiのファイルもあったので、いずれ試したい。

Sponsered Link

コメント