NanoPi Fire3-LTS(続き)

昨日悩んでた件、あっさり解決したメモ。

電源を変えたりimgファイルを焼き直してみたりといろいろやってたんだが、結局、全然関係なかった。

USBケーブルをちょっと良いやつに交換してみたら、起動後落ちることもなくそのまま使うことができた。

 

NanoPi Fire3-LTSについて改めて検索しまくっていたら、armbianのフォーラムにレビューがあった。

 https://forum.armbian.com/topic/7260-quick-review-of-nanopi-fire3/

これを読んでたら、どうも電源が厳しいらしい。あと熱も。

(そういえば注文してなかったのにヒートシンクが標準で付属してた)

前に購入したNanoPiは熱が凄かっただけで、普通に起動できてたので気付かなかった。

 

公式の購入先のオプションを見ると「Hi-quality MicroUSB Cable (+$1.97)」の項目があるので、買っておいた方が良かったかも。

 https://www.friendlyarm.com/index.php?route=product/product&path=69&product_id=206

…でもちょっと高い(?)んで、100均でも2A以上を充電できるケーブルなら使えるだろうか。試してみたい。

 

LCDは昨日も使ってた、HD702。

Lubuntuのを起動してみたら、最初にパスワードとか不要でそのままGUIの画面が出てきた。

HD702はタッチパネルなので、マウスがなくてもある程度使えるのが良い。

そのぶん電源をちゃんと供給しないと不安定になるんじゃないかと、ちょっと気になる。

それとWifiは付属してないので、ドングル使うか直接ケーブル繋ぐかしないとLinuxのアップデートとかできない。

 

とにかくFire3の起動は確認できたので、いずれ環境設定と、同時に買った他のNanoPiの動作確認もやっていきます。

Sponsered Link

コメント