中華ゲーム機のカスタムファームウェア(続き)

前の続きというほどのことはしてないけど、カスタムファームウェアの件。

やったことメモ。

 

試しにPocketGoのカスタムファームウェアを起動させたんだけど、何も難しいことはなかった。

ファームウェアは前にも書いた以下からダウンロード。

 https://jutleys.wixsite.com/bittboynew4u

POCKETGO V1 CFW v1.3.2 Firmwareを使用。

SDカードは実際にはどのぐらいの容量が良いんだろう。とりあえず、もとのと同じ16GBのを使いました。

 

SDカードへの焼き込みには、いつも使ってる、balenaEtcherを使用。

WindowsでもMacでも使い方は変わらないので楽。

ダウンロードしてきたファイルと書き込み先のSDカードを選択してFlashするだけ。

もちろんオリジナルのSDカードは別途保管しておきました。

 

起動してもゲームが入ってないのはもったいないので、「LSDj (Little Sound Dj)」という音楽ソフトをダウンロードしてみた。

 https://www.littlesounddj.com/lsd/index.php

Twitterでこのソフトで音楽やってる人を見て、カッコ良かったのでお試しで。

(GameBoyのシーケンサーソフトといえばnanoloopだけど、実際にはソフトじゃないのが残念)

ダウンロードは厳密には無料ではなくて、気に入ったらお金払ってね系。あとでお布施せねば。

 

ダウンロードしたファイルを解凍し、出来たlsdj.gbファイルをCFW焼き込み済みのSDカードのmain側、romsフォルダ内のGBフォルダに入れるだけ。

実際にはどこでも良いらしいけど、自分がどこに入れたかわからなくなると困るので。

 

準備できたSDカードをPocketGo本体に挿して起動。POWKIDDY v90でもQ90でも良いんだけど、一応。

何も問題なく起動できました。

 

LSDjも動いてるのは良いんだけど、これってどうゲームを終了、元の画面にするんだろう…。

マニュアル見ても見つからない。

実際にはGameBoyで動かすことを前提にしてるせいだろうか。

とにかくデータはセーブしておけば吹っ飛ぶことはないのかな?

 

LSDjに関しては使えれば良いのであまり追求しない予定。

カスタムファームウェア自体には、ゲーム以外に何か遊べる要素がないかなーと調査中。

何かやってみたら引き続きメモしておきます。

Sponsered Link

コメント