自作CPU関連の本

ちょっと前のトランジスタ技術でも論理回路でCPUの仕組みを学ぶ特集をしていたが、そんな感じの気になる本。

購入しようとしたら、まだ発売前だった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

作ろう!CPU [ 上原周 ]
価格:3828円(税込、送料無料) (2020/8/20時点)

 

出たら買いたいので、ここでメモしておく。

できれば電子書籍がいいので、もうちょっと待つかも。

 

この手の書籍だと、やはり名著である「CPUの創り方」を思い出す。

こっちは発売されてかなり経っているので、これの2020年版と言えるような内容だったらいいなあ、と期待。

 

公式のサポートページもあった。

 https://amane-uehara.github.io/cpubook/

「作ろう!CPU」でもCPUの名前がTD4になってる。

 

実は「CPUの創り方」見て作ってみたいと、一応材料はかき集めてある。

AliExpressで買った安物ICが中心なので、ちゃんと組み立てられても動作が怪しいかも。

その前に、夏休み中にいろいろやろうと思ったのに、結局手付かずで終わった…。

4ビットパソコンでいろいろやったのは、「Foolish4」だけだな今のところ。

また積み書籍が増えそうだけど、この手の本はやっぱり手に入れておきたい。楽しみです。

Sponsered Link

コメント