Wio Terminal(その2)

Wio Terminalを使うのにかなり先走りすぎたので、落ち着いてまずはちゃんと動作するかどうか確認してみたメモ。

いきなりマイコンボードのモニタとして使うのは敷居が高かったので、とりあえず普通に画像を表示させる。

 

調べていたら画像を表示させるならLovyanGFXというライブラリを使った方法が良さそうだったので、下記を参照にさせていただいて、普通にWio Terminalでサンプルスケッチを起動させた。

書き込みはArduino IDEを使用。

 https://qiita.com/karaage0703/items/5c1a1d87ff7452ba3d9a

ライブラリでLovyanGFXを検索してインストールし、Arduino IDEでサンプルスケッチを開いて書き込み。

今はサンプルスケッチにゲームもある。

 

今回書き込んでみたのは、ボタンで画面を回転させて、ボールを転がして迷路を脱出するゲーム。

(サンプルスケッチのGame→BallMaze)

画面表示がとてもスムーズ。これは良い。

 

自分の環境ではMacBookでUSBハブを経由してWio Terminalと接続しているが、書き込みが一発でできたことがない。

スケッチ自体にエラーはないが、最初の一回は途中でポートが切断されて書き込みできなくなってしまう。

エラーは以下のような感じ。数字は変わる。

 

 [===========                   ] 37% (56/149 pages)
 write(addr=0x20004034,size=0x1000)
 SAM-BA operation failed

 

途中で接続が切れてるだけなのか、何かバグがあるのかわからない。

 

でも電源二度スライドのリセットで書き込み可能に戻る。

それと書き込み後にいつも「ディスクの不正な取り出し」の表示が出てくるんだけど、これは正常なんだろうか。

書き込んだスケッチは一応、ちゃんと動いてるみたいだからいいけど。

あと画像表示させるだけのスケッチがなぜか書き込み出来なくて困ってる。まだ調査中。

 

とにかく動くことは確認できたので、上記のリンクにあったM5StickVと接続するのはいずれやってみたい。

 https://homemadegarbage.com/wioterminal05

結局、何かのボードと繋げて使うのが一番楽しそうだ。

Sponsered Link

コメント