PocketBeagle(その3)

久々にメモ書き、と同時に積み基板状態のPocketBeagleを引っ張り出してきた。

およそ2年ぶりぐらいだろうか。

やりたいことがあったので取り出したんだけど、2年近く放置していたせいでいろいろ問題が起きた。

 

まず最新のimgファイルをダウンロードし、SDカードに焼く。

 https://beagleboard.org/getting-started

 https://beagleboard.org/latest-images

USBでMacと接続。Macからはストレージとして見えている。

ここまでは前にもやったし問題ないと思う、LEDはちゃんと点灯しているので起動もしていると思われる。

 

が、SSHで接続できない。そもそも「http://192.168.6.2」で接続してもタイムアウトしてしまう。

なのでMac上で認識されたストレージに入ってるドライバ(FTDIとHoRNDIS)をインストールしてみようとしたけど、現在のOSではインストールできなかった。

どうやら調べた限りでは、今のMac OSに対応していないっぽい。10.15以降。

 

ついでなのでもうちょっと調べたところ、HoRNDISはインストールだけならMacでも可能。

以下にある「http://HoRNDIS-9.2-catalina_install.pkg.zip」をダウンロードしてみたら、インストールはできた。

 https://github.com/jwise/HoRNDIS/issues/102

でもインストールできるだけ。SSHで接続はできなかった。

 

なので以前はアクセスできたWindowsと接続したけど、ここでもタイムアウト。

(Windowsの場合はhttp://192.168.7.2)

お手上げ状態だったので、最後に試しにLinuxの入ったPCと接続した。

で、ようやくhttp://192.168.6.2に接続できた。

 

なんか以前接続した時のと全然違う。

Cloud9 IDEが起動する。

このままLinuxと接続して使うのには問題はなさそう。

でも前はWindowsで使えたのに、今回ダメだったのが謎。また別のimgファイルを使ってやり直してみたい。

Sponsered Link

コメント