Wio Terminal(その1)

かなり出遅れたけど、Wio Terminalを購入したのでいじった記録。

結局やりたいことはまだできてなくて、考え中。やったところまでメモ。

 

やってみたかったのはこれ。

 https://wiki.seeedstudio.com/Wio-Terminal-HMI/

PocketBeagleでやってみたかったんだが、それ以前の問題がいろいろ起きたため、しかたないので一番無難そうなRaspberry piでやってみることにした。

 

Wio Terminal側はArduino IDEで専用のスケッチをインストールしておく。

 https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Arduino_USBDISP

が、書き込み中にエラーになって、その後Macで認識してくれなくなってかなり焦った。

スイッチを二回動かしてリセットして、青いLEDが点滅してなんとか認識して書き込めるようになった。

詳しいことは以下のブログを参照させてもらいました。

 https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2020/05/18/073000

Wio Terminalが認識されなくて、シリアルポートが出てこないのはよくあることなのかも。

一度リセットしてもダメだったりするので、根気よく試すしかない。

 

RaspberryPi側の設定は、今回は以下のサイトを参照させていただきました。

 https://dev.classmethod.jp/articles/raspberry-pi-4-develop-with-mac-using-usb-c-cable/

久しぶりなんで、すっかりやり方忘れてた。

「SSHログイン」までできるようになっていればOK。

念のため、

 $ sudo apt update

 $ sudo apt upgrade

はやっておく。

 

あとは最初のwiki.seeedstudio.comのRaspberry Piのところに書いてある通り、コマンドを入れて実行していくだけ。

しかし

 $ make & sudo make install

を実行したところ、

 make[1]: *** /lib/modules/4.19.118+/build: No such file or directory.

と出てきて、失敗してしまった。

 

このエラーメッセージは見たことあるので、これを検索してみたところ、

 $ sudo apt-get install raspberrypi-kernel-headers

で、直ることがあるらしい。

試しに自分の環境ではやってみても最新のものになっていたため、意味がなかった。

なのでいったん

 $ sudo reboot

でリブートしてから、再度実行したところ、ビルドとインストールは実行できた。なんか途中でワーニングが多かったけど。

 

一応は成功したように見えるんだが、その後Raspberry Piと接続しても画面が出てこなかった。

というわけで、調査中。

もう一度最初からやり直した方が早いかも。

Sponsered Link

コメント