TTGO T-Watch(その7)

「その6」の続き。

 

T-Watch用サンプルスケッチ、TFT_eSPIにあるやつが正しく表示されなくて悩んでたやつ。

結局、

「libraries/TFT_eSPIのUser_SetupsフォルダにあるSetup45_TTGO_T_Watch.hをリネームして、User_Setup.hにする」

で、正解だった。

これはTFT_Clockを表示させたとこ。

普通に表示させると、キーボードとは90°向きが違っている。

でもアナログ時計なのでわかりにくい。

 

前のでなんでダメだったのかというと、たまたま表示できないスケッチを使ってしまったとしか思えない。(どれかは忘れた)

今日になってサンプルスケッチ自体を変えてみたら、正しく表示されていた。

それにいつの間にかバージョンアップしてることもあるんで、たまに見直したほうが良さそう。

 https://github.com/Xinyuan-LilyGO/TTGO_TWatch_Library

実際、あれから全部アップデートしてた。

 

で、キーボードを付けたT-Watchの場合、普通に書き込むと画面表示が90°傾くので、スケッチをちょっと書き換えて表示を正しくしてみた。

All_Free_Fonts_Demo.inoを使って、下記のように書き換えた。

 

    TTGOClass *ttgo;

     ↓

    TTGOClass *ttgo = nullptr;
    TFT_eSPI *tft;

 

それと、

 

    ttgo = TTGOClass::getWatch();
    ttgo->begin();
    ttgo->openBL();

     ↓

    ttgo = TTGOClass::getWatch();
    ttgo->begin();
    tft = ttgo->eTFT;
    ttgo->openBL();
    tft->setRotation(1);

 

setRotationが画面の向きの指示になってる。

(TFT_eSPI.h内の記載にvoid setRotation(uint8_t r); // Set the display image orientation to 0, 1, 2 or 3)

これで表示が90°傾いて、キーボードを付けた時に正しく見える。

あとはキーボードの入力もいじってみたい。

これは引き続き調査中。

Sponsered Link

コメント