CASIO fx-CG50(バージョンアップ)

一昨年購入した関数電卓の、CASIO fx-CG50。
最近は国内のamazonで簡易パッケージ版の並行輸入品も購入できるようだ。

輸入品は国内版より安いが、ケーブル類は一切ないんで困ることはあるかも。

 

買ったはいいが多機能すぎてほとんど放置していたら、今年に入ってOSバージョンアップしていることを知った。
よく見ると去年もバージョンアップしてたらしい。でも気付いてなかった…。

自分の電卓を見るとバージョンは3.20。Pythonが入った頃のもの。

最新のバージョンが3.40だから、一度3.30にしたほうがいいんだろうか?と一瞬悩んだけど、めんどくさかったので直接最新にバージョンアップしてみることにした。

でもバージョンアップの方法が全然わからない、と思ったら、ダウンロードのページに全部あった。

 https://support.casio.jp/download.php?cid=004&pid=2126
とにかく先に進んで、専用のツールをダウンロードすればいい。
(3.40はWindowsしか対応していない、Mac版は3.30まで)
同じページにバージョンアップのマニュアルもある。

 

PCと電卓をUSB接続しようと思ったら、懐かしのMini。

古いとはいえいっぱい持ってるはずなんだけど、最近はCタイプしか使ってなかったせいでケーブルを探し出すのに苦労した。
あとはリンク先にあるインストールマニュアル通りに実行。
注意点はLinkモードでUSBが選択されているか確認しておくことと、Windows上のツールを起動してから電卓と接続することぐらいか。

数分かかるけどその間は放置。

終わってみるとちょっと画面が変わった…気がする。


3.30のバージョンアップをすっ飛ばしたけど、無事に3.40になっていることを確認。

直接3.40に上げても問題なかったようだ。

 

これでPython辺りのグラフィックが強化されたらしいので、もっと使ってあげないとな。
実際のところ、プログラムでは全然使ってない。そもそもそこが売りなのにもったいない、と自分でも思ってる。

Sponsered Link

コメント