ATOM Matrix

※いじったことをメモしたものの、後で調べたら現時点で国内では大人の事情(まだ技適取れてなかったんだな…)で電源入れてない人も多いので、以下は幻とでも思ってください…。

 

前に届いてたATOM MatrixとATOM Lite、ようやくいじることができた。

付属品が全然ないのでちっちゃい。

自分の机の周りがUSBケーブルとかで飽和状態なので、こんなもんで充分。

バッテリーも内蔵してないから、何かに組み込んで使うのがメインかな。

 

正直なところM5Stackのシリーズは買い過ぎてるんで、これ以上買って何をしたらいいかよくわからなかったんだけど、小さいし安いしでつい購入してしまった。
購入先はいつものAliExpress経由。

AliExpress.com Product - M5Stack Official 2020 New Arrival ATOM Matrix ESP32 PICO Development Kit Arduino IMU Sensor Python

AliExpress.com Product - M5Stack 2020 New Arrivial Official ATOM Lite ESP32 Development Kit Neo LED Arduino Blockly Programmable Kit

 

送料のことを考えると、他のものを買うついでに買ったほうが良さそう。今回自分がそうでした。

何か表示させるのが楽しそうなので、まずはLEDマトリクスをいじる。
最初はやっぱりサンプルスケッチを試す。

 https://github.com/m5stack/M5Atom

上記からダウンロードしなくても、Arduino IDEのライブラリに「M5Atom」というのが増えてました。

 

しかしハードウェアにはAtomがなかったので、ESP32 Dev Moduleを選択。

FastLED.hがないとエラーになったので、ライブラリからFastLEDを検索してインクルード。

ここまではコンパイルできた。

しかしいざ書き込みしようとすると、

 A fatal error occurred: Timed out waiting for packet header

というエラーが出た…。
何度か書き込みすると治るエラーらしいが、結局書き込みスピードを下げて成功。(115200)

これで無事動作しました。

 

自分が今回書き込みしたのは「Buttom」というスケッチで、画面を押すたびにLEDの表示が変わるという単純なもの。

(動画は撮影してないですが)

せっかくなのでいずれLEDで図形や文字出したりとか、もうちょっと遊んでみます。

Sponsered Link

コメント