H8/3069Fマイコンボードのケース

先日購入したH8/3069Fのボードのキット。

 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00209/

組み立て後、使っているとやっぱり裏面が露出してるのが気になってきた。

これ、裏にもICがあるんで、普通に置くと安定もしてない。

なので今さらだけど、3Dプリンタでボードのケースというか、とりあえずハンダ面側の端子や部品を保護するようなトレイを作成することにした。

 

組み立て後の商品に、形状の寸法のわかりやすい写真があった。

 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01271/

これを元にざっくりと、OpenSCADでstlファイルを作成。

コードは以下。

difference() {
translate([0, 0, -2]) cube([63, 109, 7], center=true);
translate([0, 0, 0]) cube([60, 106, 9], center=true);
translate([30, 30, 1]) cube([10, 35, 10], center=true);
translate([0, 50, 1]) cube([20, 20, 10], center=true);
translate([-15, -50, 1]) cube([15, 13, 10], center=true);

differenceを使っただけのプログラムで、あいかわらず超シンプル。

これをプリント。

 

プリンタの誤差がでかいので、緩めに作成して正解だった。

ちゃんと基板が嵌った。白くて見辛いが。

そういえばまだイーサーネット用のコネクタ、実装してなかったんだった…と、後で気付いた。

ちゃんと場所は空けといたから、実装後も大丈夫。

 

これで裏側は良しとして、今度は部品面側にゴミが入るのも気になると言えば気になる。

次はフタ側も作成してもいいかもと思ったけど、寸法を測るのがちょっとめんどくさそうだ。

Sponsered Link

コメント