TTGO T-Watch(その3)

またT-Watchが増えた。

前のと似てるけど(というか同じ)、背面にタイヤとボールが付いてて動くようになってる。

T-Quickとか、T-Carとか呼ばれてるっぽい。

最初はこれのモジュール部分だけ買おうと思ってたんだけど、まあどうせ他にモジュール買い足すだろうから丸ごと買っておくか…という感じ。

 

動作に必要なデータは以下からダウンロードする。

 https://github.com/LilyGO/T-Watch-Quick

使い方も上記に書いてあるんだけど、binファイルのファームウェアを直接書き込むパターンで、Arduino IDEとかでコードを書くやつじゃなかったのでちょっと残念。

 

ファームウェアを書き込むツールはESP32でよく使うやつ。

公式からダウンロード。Windows用しかない。

 https://www.espressif.com/zh-hans/support/download/other-tools

設定はgithubのページに書いてある通り。

以下は書き込み完了したとこ。成功してるらしい。

でもT-Watch自体は画面は変わらないんで、ちゃんと接続されてるかどうかすらわからない。

 

あとはAPKフォルダに入っているdabble.apkをAndoridスマホに入れて、インストール。

警告が出たら、怪しいアプリを入れてもOKに設定を変える。

(たぶん怪しくない…と、思う)

起動するとBluetoothで接続することになるんだけど、T-Carがなかなか見つからなくて苦労した。

スマホを変えたら出てきたけど、もしかするとT-Watchの電源ボタンを押しながらだから接続できたのかもしれない。

電源入れても画面が変わらないんで、そのあたりがちょっと謎。

 

アプリはGamepadを選択。

他にもツールが揃ってるんで、何か別のESPボードで使えそう。

T-Carで使うのは左側の矢印のほう。

使った感じでは、曲がりたくて左右に振ると回っちゃう。

これも結構楽しい。でも動いてると猫が狙うんで、ちょっと危険。

ターンの角度とか、いろいろ調節できないかな。もっと情報が出てくるといいんだけど。

そこそこ遊んだら、別のモジュールに組み替えちゃうかも。

Sponsered Link

コメント