0.96インチ TFTディスプレイ

T-Watchの画像のずれ方とかメーターの画像を見て、これってだいぶ前に買った0.96インチ(160x80)のちっちゃいディスプレイならきれいに表示されそうだなと思った。
というか、たぶんそれ用のサンプル画像じゃないかな。

 

ST7735を使ってるTFTディスプレイで、フルカラーでOLEDとそう変わらない値段で売っている。

AliExpressだったらどこのお店でも2ドル前後。

AliExpress.com Product - GREATZT TFT Display 0.96 / 1.3 inch IPS 7P SPI HD 65K Full Color LCD Module ST7735 Drive IC 80*160 (Not OLED) For Arduino

なので使い道は考えてなかったけど、つい購入していた。
(自分の購入の動機ってこんなんばっかだな)

しかしAdafruit版はSDカードが挿せるので、便利な分値段が高い。

自分が持っているのは当然AliExpressから買ったやつなので、ディスプレイのみ。

 

Adafruit関連のスケッチをよくいじってるなら、Arduino IDEにはST7735のLCD用のサンプルスケッチがすでにあるはず。

スケッチ例→Adafruit ST7735 and ST7789 Libraryの「graphictest」。

メーカーによって違うようだけど、自分が持っているやつとArduino UNOへの接続は以下。

 

  • SCL D13 
  • SDA D11 
  • DC(RSだったりA0だったりする) D8 
  • RESET D9 
  • CS D10 
  • GND GND 
  • VCC 3.3V 

※BLKという端子もあるけど、これは接続しない

 

スケッチはサイズによってコメントアウトするのを忘れずに。

  // OR use this initializer (uncomment) if using a 0.96" 160x80 TFT:
   tft.initR(INITR_MINI160x80);  // Init ST7735S mini display

これで一応表示される。

 

一応0.98インチ用に直したけど、Helloの文字がはみ出たりとか完全には対応していないっぽい。
表示するパターンの種類によっては、ちゃんとディスプレイに収まってるけど。

そもそもこの手のディスプレイって調べても1.8インチが標準らしくて、そっちのスケッチばっかり見つかる。
これも課題になりそうだな…。

 

余談だけど、以下のAdafruitの取説(?)がすごく参考になる。

 https://www.marutsu.co.jp/contents/shop/marutsu/ds/adafruit-mini-tft-0-dot-96-inch-180x60-breakout.pdf

マルツ電波に置いてあったマニュアルだから日本語かなと期待したら、残念ながら英語。

この中から「Adafruit-ST7735-Library-master」をダウンロードしてインクルードしてもgraphictest.inoはほとんど同じ。

SDカードのスロットがあると画像を入れておけるので便利だし(大きいサイズのならそういうの持ってるし)、こっちもいずれ手に入れたいな。

Sponsered Link

コメント