TTGO T-Watch(その2)

もうちょっといじったメモ。

 

このモジュールに限った話じゃないんだが、Arduino IDEで選択できるサンプルスケッチが何をするものなのかわかりにくい。
T-Watchは
 https://github.com/Xinyuan-LilyGO/TTGO_TWatch_Library
のexamplesにいろいろ入ってるのを見ることができるんだが、これについてのドキュメントがここにはない。
どこにあるのかも今のところ探しきれなかった。
プログラムを読める人なら見るだけでわかるだろうけど、自分みたいな万年初心者にはひとつずつスケッチを実行していくしか動作確認できない。

なのでさっそく最初のサンプルから使ってみようと思ったら、そもそも持ってるT-Watchの種類によって使えるスケッチが違ってくるので全部は無理だった。

 

とりあえず自分が持ってるT-Watchはタッチパネルのなので、その名の通り「TouchPad」というのを使ってみる。
スケッチ自体はすごく小さい。

タッチした画面の座標を出すだけだった…あんまり面白くない。

 

「TFT_eSPI」はよくある画面表示のサンプル。

この手のモジュール使ってる人なら、どこかで見たことがあると思う。
いろんな種類が含まれているので、移植しやすかったんだろうか。

いくつか入れてみたけど、なんか位置がずれてるような気がする。

 

「sdcard」は刺したSDカードの中身を確認する。

大量に変なSDカードを持ってるので、パソコンとか起動せずに中身をちょっと確認するのには便利かも。

このとき入れたのは中身が空っぽのやつ。

しかしフォントが小さいなあ。でもサイズぐらいなら編集できるかな。

 

「Games」にはFlappyBirdが入ってる。これ一つだけ。

でも全然攻略できないので、ゲーム画面が撮影できなかった…。

しかも電源ボタンが効かなくなる。(たぶん、ゲームに使ってるから)

他のスケッチを上書きしたら切れるようになったので、良かったけど。

 

あとはブザー付の基板も購入してるので、そっちにすればアラームも鳴らすことができるとは思う。
でもまだ全然遊びきれてないので、しばらくタッチパネルで使っていきたい。
(変えるのめんどくさい、という話もある)

T-WatchはM5Stackと違って使ってる人が少ないので、公式のサンプルが頼り。
せっかく面白いアイテムなんだから、モジュール本体だけじゃなくてプログラムもどんどん増やして欲しいところ。

Sponsered Link

コメント