TTGO T-Watch(その1)

ESP32を使ったモジュールで、TTGOのT-Watchというのを購入。

以下は購入先じゃないけど、参考までに。

AliExpress.com Product - ESP32 Lora Development Kit Touch Screen T-Watch Programmable Wearable Environmental Interaction WiFi Bluetooth

AliExpressで購入するときには「LilyGO Store」で検索してみてください。

 

時計にすること前提っぽくて、ここには写ってないけど腕時計のベルトがデフォルトで付属してた。

大きさはM5Stackより一回り小さい。なかなかかわいい。

今回購入したのはTouch sensorのケース付きのと、Motor And Speakのボードのみ。

 

電源を入れてみたらこんな画面。

これだと面白く無いのでとりあえず、シンプルなスケッチを入れてみることにした。

公式のドキュメント&データ類は以下。

 https://t-watch-document-en.readthedocs.io/en/latest/basics/index.html

 https://github.com/Xinyuan-LilyGO/TTGO-T-Watch

しかし、ここはあえてMac上のArduino IDEを使ってコンパイルしてみる。捻くれ者なんで。

 

必要なライブラリは

 https://github.com/Xinyuan-LilyGO/TTGO_TWatch_Library

からダウンロードして、Arduino IDEにインクルード。

 

ESP32関連の環境がまだ無いなら、環境設定で「追加のボードマネージャーのURL」には

 https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json

を記入。

導入済みなのにTTGO-T Watchが見つからないなら、ボードマネージャーで

 タイプ:「提供された」

で「esp32」の更新を確認。

最新になっていれば、ボードの選択で「TTGO T-Watch」が選択できるはず。

 

TTGO-T Watchのサンプルスケッチから、SimpleWatchを開いてコンパイル。

転送もエラーなく無事完了し、こんな感じ。

タッチスクリーンなので、画面をタップするとWifi設定の画面に行ったりする。

 

表示もきれいな感じだし、結構遊べそう。

ただ、あまり使ってる人がいなさそうなので、サンプルスケッチからカスタムしていくしかないかな。

中身のボードのバリエーションも他にあるので、また色々買って使ってみたい。

Sponsered Link

コメント