IARのインストール

前の続きという感じではないですが、別のSTM8Sの開発環境もインストール。

STVD-STM8はインストールできたけど、他にもIARというのが気になっているのでこっちも試す。

(当然環境はWindows10)

まだ本当にインストールしただけですが、やったことメモ。

 

STM8Sを使うこと前提となるとやはり情報が古いものが多く、追っかけるのが面倒。

とにかく2019年7月現在では、以下からダウンロードします。

いきなり出てくるRISC-Vの宣伝にビビります。

 https://www.iar.com/jp/iar-embedded-workbench/#!?architecture=STM8

「無償評価版ダウンロード」から。

自分はここにたどり着くだけで手間取りました…。

 

ちなみに画像はちょっと前のやつのようですが、以下のブログを見ながらインストールしてました。

STM8についても勉強になります。

 http://ewarmjp.seesaa.net/article/433775597.html

しかしIARについては単に今と画面の色が違うだけ、という気がする。

 

ファイルをダウンロードしたら起動、インストール。

一番上のを選択しておけばいいです。

あとは特に編集することもなく、そのままインストールしちゃいました。

途中で気になったのは、ライセンスの件。

期間限定版か、コードサイズ制限版かを選択。

これはコードサイズ限定版を選択。(と、いろんなサイトに書いてあった)

しかし8Kってちょっと小さいんじゃないか?と思ったけど、STM8なら別に問題ないのかな。

ただ、自分は自力でコードを書けない人なので、まず問題ないと思う。

そういえば会社名も必要だったけど、適当で問題ないですね。

で、すぐに番号が帰ってくる。

STVD-STM8と違って外部のコンパイラのライセンスがどうのこうのというのがないので、結構楽。

ライセンス番号を入力したらこの後は普通にインストールも終わり、起動が確認できました。

 

なんか複雑なイメージがあったけど、インストールはまったく問題なくて拍子抜け。

でも使うとなると、STVD-STM8の時と同じような落とし穴があるような気がするなあ。

IARで何か面白いチュートリアルを見つけたら、試してみることにします。

Sponsered Link

コメント