UbuntuにArduino IDE(1.8.9)インストール

UbuntuにインストールしていたArduino IDEが、しばらくバージョンアップさせてなかったことに今さら気付いた。

現在のArduino IDEバージョンは1.8.9。

(Ubuntu側は安定の18.04)

またちょびっと引っかかるところがあったので、改めてインストールのおさらい。

 

自分の環境に合ったLinux 64bit版をダウンロード。

 https://www.arduino.cc/en/Main/Software

フォルダはダウンロードでもどこでも良いはずなんだけど、自分はユーザーのホームにそのまま置いた。

 

いつもはアイコンで解凍してたけど、今回はターミナルからコマンドで解凍。

なんでもいいけど、普段慣れてるtarで解凍した。

 $ tar Jxfv arduino-1.8.9-linux64.tar.xz

解凍したフォルダに移動。

 $ cd arduino-1.8.9

そしてインストール。

 $ ./install.sh

…ここでなんかエラーが出た。

一応最後に「done!」とは出てるので、インストールされてるような気もする。

なので、念のためsudoをつけてもう一度インストールしてみた。

 $ sudo ./install.sh

すると一番下のエラーが消えたけど、rmのエラー2つは出たままだった。

 

調べてみたらフォーラムにも記載があって、どうやら問題のないエラーメッセージらしい。

 https://forum.arduino.cc/index.php?topic=618505.0

確かに、Arduino IDEの起動は問題なく確認できた。

なのでこのまま使うことにします。

 

Linux用のインストーラはバージョンアップするたび、何かしら引っかかってしまうところがあるのが不思議。

あまり深く考えずにインストールしても問題なさそうだけど、やっぱり気になるところは避けて通りづらい。

このメモも、同じように引っかかった人の手助けになればと思います。

(解決策にはなってないが)

Sponsered Link

コメント