M5StickC(その2)

M5StickCもだんだん行き渡ってきた感じ。

情報収拾していても作例が増えてきて、さらに面白くなってきた。

でもスイッチサイエンスのページを見たら、売り切れなんだな。

 https://www.switch-science.com/catalog/5517/

送料抜きだとギリギリ2000円切ってる良心的な値段なので、在庫が出るようになったら急ぎで欲しい時には国内で買おうと思ってる。

 

AliExpressのレビュー見てると、購入者の国籍は日本人が圧倒的。

AliExpress.com Product - New Arrival ! 2019 M5StickC ESP32 PICO Mini IoT Development Board Finger Computer with Color LCD

自分もここから買ってるので人のことは言えない。

しかしこの手の商品でレビュー数が300超えはすごいな。

 

それとAliExpress内で公式のM5Stack販売店以外でも売り始めてるけど、どこも値段が高い。

送料が5ドル近くかかっても公式が断然安いので、変なところで買わないほうがいい。

M5Stackならたま〜に送料無料だと、公式より安いところがある…怖くて手は出せないが。

もうすぐAliExpressのセールなので、非公式のところはもしかするともうちょい安くなるかな?

(でもオススメはしない)

 

それと前回の補足だけメモ。

製品ドキュメントに日本語があったけど、Arduino IDEを使う場合、OSはWindowsしかないように見える。

 https://docs.m5stack.com/#/ja/quick_start/m5stickc/m5stickc_quick_start

が、同じことをMacOSのArduino IDEでやっても大丈夫。

というより、気付かずにずっとMacでやってた。

先日入れたSTM32の環境も、設定をもう一度最初からやり直せば大丈夫でした。

なのでとりあえずまたESP32で使えるように戻している。

 

先日はHello worldだけだったので今回は試しにツイッターで見つけた、ニキシー管風に表示してくれる時計のスケッチを試しにコンパイルしてみた。

 https://github.com/McOrts/M5StickC_Nixie_tube_Clock

シンプルだけどとってもカッコいい。

が、データをダウンロードして書き込みして、すぐに普通に使えてしまった。

画像ではちょっと数字が見づらいけど。

良いことなんだけど、いつもどこかでつまずくんで拍子抜けした。

むしろ、Arduino IDEが現在のMacOSに対応してないよ(というか、今後しなくなるかも)と全然別件でエラーが出てた。

でもコンパイルと書き込みには影響ないです。

 

それと今さらな話なんだけど、電源をオフにする方法を今まで知らなかった…。

よく見たら上記のAliExpressのリンクの画像にも書いてありますね、側面のスイッチを6秒押すと消えます。

でもそれ見ても6Sって何???と、ちょびっとパニックになってしまった。

M5Stackの時にも同じことやった気がする。電源ぐらい最初にチェックしておこう…。

Sponsered Link

コメント