NUCLEO-8S208RB(その2)

あんまり進んでないけど前回の続き。調べてることメモ。

とりあえずUSBでPCと繋いでみて、LEDが付くことだけは確認した。


PC側から見ると、なぜかストレージが存在する。そういうもんなのかな。
まだ使ってる人はあまりいないみたいであまり情報がなかったんだけど、検索してみたら同じようにPCに接続してみた人はいた。
 https://t3e.jp/nucleo-8s208rb-%e3%82%92pc%e3%81%ab%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%82%8b/
そういうものだったらしい。

NUCLEOシリーズは使ったことがないのでよくわかってない。

STM32になるけど、初心者向けに良い記事があったので、リンクしておきます。(自分用)

 https://nucleo87.webnode.jp

NUCLEOのSTM32もいずれ使ってみたい。

 

本体ですが、半田面側に出てる足が長くてじゃまだったので、3Dプリンタでケースを出力して使ってます。
外形とバカ穴の位置だけは従来のSTM32のNUCLEOと同じなので、シンプルなやつだったら共用できます。
Thingiverseで検索したらいくつか出てきました。

 https://www.thingiverse.com/search?q=NUCLEO&dwh=765cf7aeb02533d

多少ホールの位置が違ったりするけど、基板形状は問題ないのでシンプルなケースだったら使えます。

 

Arduino IDE自体はどのOSでもOKなんだけど、PCは先日購入した書籍を参照しつつ、Windows10上で環境設定中。
(またTeclast F5…スペックしょぼいので、かなり無理させてると思う)

本の中ではWindows8か10を前提にして説明してるので、一応それに合わせて勉強することにしました。

あんまり本の内容そのままというのもよくないと思うんで、適度にかいつまんで、やってみたことをメモっていこうかなと思います。

Sponsered Link

コメント