GooglePlayブックス

電子書籍の話をもう少し続ける。
楽天koboアプリに対する文句を一通り書いたけど、だったらそれ以外にどの電子ブックリーダーがいいのか評判を調べたところ、GooglePlayブックスが良さそうだった。
ここで購入した書籍を読むというより、自炊した書籍をクラウドにアップロードして読むときにとても便利だということらしい。

 

実際使ってみたところ、例えばPDFで購入した書籍をアップロードしておけば、どの端末からでもGooglePlayブックスアプリでダウンロードして読めてなかなか便利。

でもこのPDFファイルの場合、アップロードがむちゃくちゃ時間がかかる。
というより、たまに失敗してしまう。…たまたま、PDFのファイルの大きさにもよるのかな。
一度置いてしまえば問題ないんですが。


epubのファイルだったら洋書の辞書については、単語でなくGoogle翻訳が使えるのが便利。

文節をそのまま訳してもらえる。

あまり文章が長いと、ちょっと時間がかかったりもするけど助かる。

ついでに音声で読み上げもしてくれて、至れり尽くせり。

ただepubファイルのみでPDFでは読んでくれないし、そもそもあんまり使わないけど。

 

すでに楽天koboで購入しちゃった本はどうしようと思ったけど、DRM解除して普通のepubファイルにすればアップロードできます。
以下のブログを参照させていただきました。
 https://blog.ver001.com/kobo_dedrm/
ちなみに変換するためにMac上でkoboのファイルが入ったフォルダを探したけど、プラグインを入れると見つけてくれるのでその必要はなかったです。
久々にPC向けのkoboアプリについていろいろ調べてしまった。

 

でも結論としては、今回の場合GooglePlayブックスに同じ本があったんで、翻訳したい洋書だけそこから買えば早かった。
しかもkoboやkindleより安かった。(数十円とはいえ…)
翻訳を使うためだけだけどGooglePlayブックスで洋書を購入して、それ以外はポイント消費を兼ねて楽天kobo、みたいな感じの使い分けがいいかなあ。
あとは個人的に、Kobo Aura H2OやHisense A2などの電子ペーパーで読めれば十分です。

Sponsered Link

コメント

これはいい記事ですね。

ヤマダ電機の例もありますから、対策しておいて損はないですよね。
とても助かります。
時間あるときやってみようと思います。

  • もみ.
  • 2019/05/29 13:39

お久しぶりです、もみ.さん。^_^
そうですよね、別の電子書籍リーダーで読めない程度ならまだしも、いきなりサービス終了となるとたまったもんじゃないです。
電子ブックは便利で良いんですが、そういう不安はありますね。
特に専門書は値段が高いので自衛しておきたいです。

  • ねこ
  • 2019/05/30 07:00