Arduino Sketch for STM8 Development Workshop

買い物メモが続く。

STM8関連の書籍はあまり見かけないんだが、自分の守備範囲にぴったり合った本があったので購入。
過去にもこの方の著書はよく買ってる。

値段がKindle版だったらちょびっと安かったけど、普段koboで読んでるからしかたない。
Kindleの辞書機能も良さそうだから、いずれ買ってみたい。

でも結局クーポン使って実質安かったので、まあ良しとしておきます。

 

内容は、Arduino IDEでSTM8用の開発環境を作って簡単なスケッチを動かすという、よくある流れ。
そもそも、Sduino以外に公式でSTM8がArduino IDEで使えるというのを知らなかった。
STM32なら知ってたが、要するにやることはSTM32とあんまり変わらない(気がする)。

ちなみにSTM32のもあるので(もちろん購入済み)、読み比べてみようと思う。

英語ダメダメなので辞書で訳しつつ読んでるもんだから、むちゃくちゃ歩みが遅いです。
あとこういうのもある。

この手の書籍はまとめ買いしてます。

 

で、読み進めてる途中なんだけど、そもそもここで使ってるSTM8の載った基板はいつものちっちゃいアレじゃない。
STマイクロで出してる、NUCLEO-8S208RBというまともなボード。

 https://www.st.com/content/st_com/en/products/evaluation-tools/product-evaluation-tools/mcu-mpu-eval-tools/stm8-mcu-eval-tools/stm8-mcu-eval-boards/nucleo-8s208rb.html

実はこれが出てたのも知らなかった。
調べると結構情報出てくるなあ。発売されたのが去年の秋ぐらいだから、STM32のシリーズと比べると新しいほう。

この本の情報がSTM8S103F3P6で使えるかわからないし、他ので代用できるかもしれないけど、それはそれとしてこのボードは手に入れておきたい。
また欲しいものが増えてしまった。(我ながら物欲のかたまり)

Sponsered Link

コメント