ESP-01/ESP-01S用DHT11モジュール(もう少し続き)

先日からの続き。もう少し、DHT11モジュールの動作を検証中。

検索してると今はDHT11よりDHT22やDHT12を使ってる人が多いかな、と言う印象。

そのうちM5Stackにも接続して遊ぼうかなと思ったけど、既にDHT12のプロトモジュールが出てるので、今さらDHT11はあんまり意味なさそう。

AliExpress.com Product - M5Stack Official Experimental Proto Board Set included DHT12 Bus Socke Grove Cable for ESP32 Basic Kit & Mpu9250 Kit for Arduino

そのうちやるかもしれないけど、とりあえず引き続き、ここではESP-01(S)を使ってデータを取ってみます。

 

www.esp8266learning.comという、その名の通りESP8266を使って色々やってるブログで、thingspeak.comにデータを転送する方法があったのでこれを参照して動作確認してみます。

 http://www.esp8266learning.com/dht11-sensor-data-to-thingspeak-using-a-wemos-d1.php

上記で使ってるのはWemos D1だけど、ESP-01でも行ける。

データを送ればthingspeak.com側でグラフにしてくれて、便利。

 

thingspeak.comへの登録は、名前とメールアドレスだけで大丈夫。

 https://thingspeak.com

メールが来て登録確認、その後さらにパスワードを登録して完了。

大量にデータを送らないなら、基本無料で使えます。

 

後で調べたら、日本語でわかりやすく登録方法がまとめられてるところがありました。

参考になります。

 http://iwathi3.hatenablog.com/entry/Data-to-Graph-ThingSpeak

2年ほど前の記事ですが、現在もこれで大丈夫でした。

 

上記を参照してアカウントを取っておき、新しいチャンネルに温度と湿度のフィールドを作っておく。

さらに自分のapi keyの文字列を確認。

esp8266learning.comのページにあるスケッチをArduino IDEにコピペして、多少書き換えます。

ここはよくある編集。

 String apiKey = "thingspeak.comで取得したapi key";
 const char* ssid = "自分ちのwifiの名前";
 const char* password = "自分ちのwifiのパスワード";
 const char* server = "api.thingspeak.com";  //ここはそのまま

これに加えて、さらに10行目はD2を
 #define DHTPIN 2

にしておきます。

あと使うDHTのライブラリはAdafruitのDHTライブラリなんで、入ってるかどうか一応確認しておく。

 

自分の環境ではエラーもなく無事にESP-01に書き込み完了できました。

しばらく見てるとthingspeak.comにデータ転送され、グラフが出来上がるはず。

しかしこっちの湿度はともかく、

温度がいきなり上がり過ぎ。

これ絶対、ESP-01本体の熱を測ってるでしょ。

モジュールがセンサーの真上にESP-01が来る形になるので、しかたないと言えばそうなんだけど。

 

それでもちゃんとしたデータが取れることは確認できたので満足。

安いモジュールだけど、使えないと悔しいので。

thingspeak.comのアカウントもわざわざ取っちゃったので、別のモジュールとかで有効活用したい。

Sponsered Link

コメント