ESP-CAM(もうちょっと続き)

意外とメモっときたいことが増えた。

先日からいじっているESP-CAM、いろんなところからファームウェアをダウンロードしてビルドしてたんだけど、なかなか上手くいくのがなかった。

単純に、menuconfigだけいじればいいというものが少ない。

(でも自分ではプログラムそのものをいじれないんで…)

でもESP-CAMを販売してるサイトから辿って、簡単に使えたのを紹介しておく。

 

元は以下の紹介サイトから。

 https://www.open-electronics.org/a-i-thinker-esp32-cam-affrodable-esp32-camera-development-board-by-seeed-studio/

上記に、githubへのリンクがあった。

 https://github.com/donny681/ESP32_CAMERA_QR

ここのファームウェアが、JPG画像のみの出力だけど、そこそこ反応が早くてなかなかいい。

 

おさらいの意味も込めて、一応手順。(ESP-IDFの設定は済んでる前提で)

mingw32.exeを起動し、

 $ git clone https://github.com/donny681/ESP32_CAMERA_QR.git

 $ cd ESP32_CAMERA_QR

 $ make menuconfig

menuconfigを起動。

メニューから、一部設定を確認。

Camera configurationでOV2640を選択

Serial flasher config で接続しているポートを書き換え(自分の場合はCOM6)

Camera Web Server で自宅WifiのSSIDとパスワードを記載

完了したら、GNDとIO0の接続をして

 $ make flash

ビルドと書き込みが終わったら、IO0び接続を抜いていったんリセット。

 $ make monitor

エラーでもないのに途中で止まったら、リセットをもう一度押すと進むかも。

出てきたIPアドレスに/jpgをつけてWebブラウザでアクセスすると、画像が出てくる。

月じゃないです、天井のライトです。

 

/jpg_streamにすると動画。まあ動きは遅いです。

デフォルトで画像サイズは800x600になってました。

/components/camera/ov2640.cに画像サイズの設定があるから、これをいじれば変えられるかな?

 

これならかなり使い物になりそう。

画像はそんなに大きくなくてもいいから、もうちょい調整してみることにする。

Sponsered Link

コメント