ESP32-CAM

だいぶ前なんだけど、ESP32-CAMという、ESP32ボードにカメラが付いたものを購入。

(M5Stackのモジュールに同じ名前のものがあるけど、それではない)

AliExpress.com Product - 1pcs ESP32-CAM WiFi WiFi Module ESP32 serial to WiFi ESP32 CAM Development Board 5V Bluetooth with OV2640 Camera Module

しかし自分に届いたものは、品質はダメダメだった。
いざ使おうと思ったらピンの一部が曲がってた上に、半田が付いてないピンもあった。
正確には半田とランドがなじんでなかった。ランドがはがれてるよりはいいけど、これはちょっと…。
AliExpressの評価を星一つにしておけばよかった。
まあ壊れてるわけでもなく10ドルもしなかったので今回は目をつぶっておく。(というかもう評価できないんで)

 

これを使いたいがためにさっきVisual Studio CodeにESP-IDFのインストールをしたんだけど、その直後にArduino IDEで使う方法を見つけてしまった。

 https://robotzero.one/esp32-cam-arduino-ide/

こっちの方が楽だったじゃん…。

悔しいのでESP-IDFを使う方法はまた別途行うとして、動作確認としてお手軽だったのでArduino IDEを使用した。

 

自分の環境にはESP32関連の環境は入ってたけど、いったん最新のものに入れ直した。

あとは上記の通り、サンプルスケッチをちょっと書き換える。

自分が購入したものはAi-Thinker ESP32-CAMだったので、例と同じ。

それとwifiを使用するので、SSIDとパスワードを記載。

 

本体との接続はCP2102のTTLシリアルコンバーターを使用。

最初、書き込みできずに悩んでたけど、単にIO0とGNDを接続して書き込みモードにしてなかっただけだった。

接続して書き込みし、IO0から配線を抜いてリセットボタンを押す。

(このリセットボタンが裏側にあったので、押すのに苦労した)

その後、シリアルモニタを開いて出てくるURLの数字をWebブラウザで開くとカメラの画像に接続できる、はず。

しかしシリアルモニタ を開いても、URLらしきものが出てこない。

しかも文字化けしてた。

リセットボタンを再び押したり、書き込みし直したりしたけどダメだった。

でも書き込み時にエラーが出てるわけじゃないので、対応しようがない。

 

しかしもしかして…と思い、MacのLanScanといういつものアプリで現在LANに接続されているデバイスを確認。

Vendor名が「Espressif Inc.」となっているものがあったので、そのIPアドレスをWebブラウザで開く。

これがビンゴ。

映ってるのは天井。ボードが上を向いてたもんで。

 

困ったことに、表示がむちゃくちゃ遅い。

小さい静止画を撮るだけで数十秒かかる。ムービーなんてとても無理。

一応動くことは確認できたので、改善できるかどうか他の方法で試してみる。

Sponsered Link

コメント