Visual Studio 2017のアンインストールとVisual Studio Code

せっかく苦労してVisual Studio 2017をインストールしたのに、もうVisual Studio Codeに鞍替え。

やりたいことが主にVisual Studio Codeのほうにあったので、しかたなく入れ替えることにした。

ちなみに環境は当然Windows10。

 

いろんなものがインストールされちゃってるので、一通り調べてから作業した。これが正解だった。

公式のドキュメントを参照すると良いんだけど、

 https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/install/remove-visual-studio?view=vs-2017

やっぱり日本語で書かれた記事の方が、上記よりもわかりやすかったです。感謝。

 http://heetnote.com/vs2017-uninstall/

 

要は管理者権限で起動したコマンドプロンプトからInstallCleanup.exe を実行する、ということ。

全部削除するならオプションに-fを付けるんだけど、スタートメニューにアイコンが残ったりするかも。

(自分の場合はそうだった)

InstallCleanup.exe を実行後に残ったスタートメニューのアイコンから「ファイルの場所を開く」をクリックして、ごそっとフォルダをゴミ箱に入れて完全消去。

アイコンからアンインストールはできないです、実態がもうないので。

あとは一応Program Files (x86)内も確認して、Visual Studioのフォルダが残ってたら手作業で削除した。

 

次にVisual Studio Codeのインストール。これは簡単。

インストーラを以下からダウンロード。

 https://code.visualstudio.com

それを実行してインストール。自分は全てデフォルトのままにしました。

あとは日本語化したい場合は、「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」というのを入れる。

検索するといっぱい出てくるので一例だけど、以下のような感じ。

 https://qiita.com/ntkgcj/items/e77331932c7983dea830

これも難しくないですね。

 

Visual Studio CodeならMacでも使えるので、こっちの方が自分の環境では便利かな。

でも同じPCでの共存は問題なさそうなので、いつかやりたいことが増えれば、またVisual Studio 2017も入れることもあるかもしれない。

今回の場合も、ハードディスク(というかSSD)の容量があれば、入れっぱなしにしておいても問題なかったんですけどね。

Sponsered Link

コメント