Teclast F5(USBメモリからUbuntu起動、リトライ)

昨日の続き。

USB メモリに改めて Ubuntu をインストールし、Teclast F5 で USB メモリから Ubuntu を正しく(?)ブートできるようにしたので覚え書き。

作業は Teclast F5 上のみ。

 

最初にフォーマットし直した USB メモリに、公式からダウンロードしてきた Ubuntu のイメージファイルをインストール。

これは前と同じ方法で Etcher を使った。

今回はインストーラとして使うだけなので、中身がどう分割されようが気にしない。

 

この USB メモリーを使って Windows マシンを起動。

左上にインストーラのアイコンがあると思うので、今回はこれを使ってもう一つ別の USB メモリに Ubuntu をインストールする。

しかしうっかり TypeC のポートに USB メモリを挿して起動してしまっていた。 Teclast F5 は他に microUSB が一つしかないので、わざわざ変換アダプタを使って別の USB メモリを挿した。

何のための TypeC USBメモリなんだか。

 

インストールの方法については 画像付きで解説しているホームページを参照した方がいいかもしれない。

検索してみたところ最近の記事ではないんだけど、画像はこちら↓のページが現状に近かった。というかほぼ同じかな?

 https://www.milkmemo.com/entry/usbmemory_os_install_ubuntu

「大容量USBメモリにOSをインストールする」以降を参照。

同じように日本語版を使ってるので、最初から知ってたら参考にできたと思う。

自分の場合、32GBのメモリだったので何となく半分( 16GB )に切ってインストールした。

でもわざわざ別パーティションをマウントして使うのも面倒なので、意味なかったかなと思い始めた。また対処しよう。

 

その後Ubuntu インストール済みの USB メモリを挿して起動してみたが、一度 BIOS で変更した Ubuntu 優先の起動がちゃんと保存されるようになっていた。

wifi のパスワードも保存されていたし、やっぱりちゃんとインストールしないとまともに使えないということが良くわかった。

 

しかしデスクトップ上にソフトウェアキーボードが出てしまうのは変わってなかった…。

設定でもオフにしてあるし、これってやっぱりまだバグのままなんだろうか。

これも引き続き確認予定。

Sponsered Link

コメント