Teclast F5(USBメモリからUbuntu起動)

そして購入した USB メモリの使い道の件。

せっかく Type C の USB メモリが使えることが確認できたので、試しに Linux というか Ubuntu を入れて Teclast F5 で起動した。

ブート用の ISO ファイルは日本語版をダウンロード。

 https://www.ubuntulinux.jp/download

日本語が使える方が楽なので。

 

ISO ファイルを USB メモリに焼き込むのはいつもの Etcher (でも今回は Windows 版)を使用した。

SD カードで使用することが多いけど、USB メモリでも同じように使用可能。

これで問題なく完了。

 

いったん PC をシャットダウンし、USB メモリを挿したまま、 del キーを何度か押して BIOS を起動。

起動するブートディスクの順位を USB メモリが一番になるように変更した。

ここで USB メモリーのパーテーションが二つに分かれていたことに気がついたが、めんどくさいのでこのまま使用。

セーブして起動すると、 USB メモリに入った Ubuntu が起動できるようになった。

 

使用はそれほど問題ないのだが、タブレットとして認識してしまうらしく、文字を入力する時にソフトウェアキーボードが起動してしまう。

これが結構邪魔だが、修正する方法がよくわからない。

シャットダウン後に綺麗に終了しないのも少し気になる。

 

そしてもう一度 USB メモリーから起動しようとしたら、セーブしたはずのブートディスクの順位がまた元に戻っていて起動できなかった。

(一度だけ、うまくいったこともあったが)

毎回bootの順位を変えるのはちょっと…という気もする。

他にも、起動するたびにwi-fi のパスワードを忘れてしまうので、これも何度も入力するのが面倒くさい。

ちょっと動作が安定していない感じがするなあ。

Teclast F5 側の問題だと思うけど、しばらく使ってみて、わかったことがあればまた追記します。

Sponsered Link

コメント