C-SKY Linuxボード

買ってから「これは何だろう…」と悩むクセはいいかげんやめたい。
と、思ってたのに、つい買った。
この記事で書かれていた、例の6ドル基板。
 https://www.cnx-software.com/2018/11/12/c-sky-linux-development-board-gx6605s-media-soc/
結局手を出した。

この手のボードで半田面側に部品がないとは。謎の感動をしてしまった。

実装プロセスがひとつ減って、コスト削減になってるのかも。しかし挿入部品は手半田。
両面に部品があったら、ボード自体がもっとちっちゃくなってたかな。

 

ちなみに6ドルで買えるのは中国国内だけで、海外からだと多少高くなる。
自分が購入したときは17ドルだったが、年が明けたらもっと値下がりした。
USBケーブル2つ付きで12ドルぐらいで買える。
これだったらOrangePiの安いやつを買っても良かったかなと思ったけど、そのぐらいの値段のものはもう既に買い漁ってるので、たまにはヘンなの買うのもいい。

 

このボードに乗ってるSoCはRISC-V搭載らしい。
自分はそもそもRISC-Vって何?という状態なので、メリットが良くわからない。

アーキテクチャのライセンスフリーで値段が下がるとかだろうか?


ハードや使い方について、もっと詳しいレビューは以下。
 https://www.cnx-software.com/2018/12/23/c-sky-linux-board-review-benchmark/

ではいつものようにSDカードにファームウェアを入れて…とか思ったら、そもそもカードスロットが無い!
買うまで気付いてなかった…んじゃなくて、しばらく放置してたんですっかり忘れてた。
というか上記のレビュー通り、既にメーカー独自のメディアプレーヤーが入ってるので、USBメモリにムービーを入れておけば再生できる。

しかしコメント欄で5ドルだったらいいけど18ドルじゃ意味がない、という厳しい意見もあったけど、普通のSBCとして使うなら実際その通りかもしれないな。
まあ今は安いところなら10ドルちょいで手に入るので、悪くないと思う。
ただの動画再生機として使うのはつまらないので、もちろんもうちょっといじる予定。

Sponsered Link

コメント