micro:bit & Mini Piano(その4)

とうとうmicro:bitもカテゴリー追加したけど、これ以上増えるかどうかはわからない。
ただmicro:bitはM5Stackと同じで追加モジュールがおもしろそうだから、いずれなんか変なモノに手を出しそうな気はする。
ロボット的なやつはすでに手を出しかけてるし。


その前に、ピアノ基板用のブロック追加で動きあり。
正式にバージョンアップされている。
 https://github.com/waveshare/TouchPiano
去年の年末に更新されたらしい、冬休み(かどうかはわからんけど)なのに感謝。

ブロック追加できないエラーを回避する方法について書き込みがあったので、それを反映した形かな。
それ以外もちょこちょこ修正してあるようだ。
でもそもそも正しく使えてないから、何が変わったのか解らない。

 

以前と同じように、「高度なブロック」「拡張機能」から上のURLを入れて検索し、出てきた「Touch Piano」を選択。

今度こそ、エラーもなくWSTouchPianoとNeoPixelを読み込めた。

簡単にドレミファを鳴らすブロックを作って、ダウンロードしたファイルをmicro:bitに転送、無事音が出たのを確認。

問題なく使えて一安心。

最初音が出なくて悩んだけど、ピアノ基板のスロットにmicro:bitを逆に差し込んでただけだった。

壊れなくてよかった…。

 

しかし改めて見直すと、Sduinoやmicro:bitだけでなくいろんなものが更新されていて追いかけるのが大変だ。
楽しいんで問題ないけど。

Sponsered Link

コメント