mBlockのあれこれ

mBlockを使ってて、去年から個人的に気になってた点のメモ。

mBlock自体は面白いんだけど、たまに引っかかることがある。

現在の使用環境はWindows10のみ。

 

●mBlock 3の画面は解像度が低い

ただの感想。

慣れるとどうでもいいんだけど、たまにmBlock 5を使ってから戻ってくると気になる。


ちなみにmBlock 3のオンライン版を起動すると、最新のFlashをインストールするように言われた。

その通りにしたんだけど、結局起動できなかった。

ただ、自分のブラウザはFireFoxなので、それ以外だったらいけるかどうか。まだ確認してない。

 

●OTTOロボットにmBlockからスケッチを送るとPCが強制終了することがある

OTTOロボットというか、動作中のArduino nanoにスケッチを上書き中に吹っ飛んだ。

ドライバ(CH43xのシリーズらしい)のエラーで強制再起動。何度かやらかしたけど後遺症は特にない、今のところ。
サーボモータを付けっぱなしなのも良くないし、後はTeclast F5側の問題もありそう。

 

それ以前にmBlockをダウンロードしたとき付いてきた、CH430のドライバがインストールできなかった。

それでも使えてるのでおかしいと思ったら、Windows10ではCH430のドライバが標準装備…というか、自動インストールされるらしい。

(「ch340g ドライバ windows10」で検索するといろいろ出てくる)

Windows7までは手動でインストールする必要がある。

 

●mBlockからArduino IDEを開くとバージョン1.6.4の低いやつが起動する
1.8.8を入れてるのに、いきなり古いのが起動してびっくりした。
でもこれはmBlock 3でベースにしてるArduino IDEが古いのでしかたないらしい。

Arduino自体はmBlock 3をインストールすると一緒に入ってるらしい。(気付かなかった)

 

何かあればまた追記するかも。

Sponsered Link

コメント