micro:bit & Mini Piano(その3)

引き続きWaveshareのピアノ基板のエラーについて、追記メモ。

(そろそろmicro:bitもカテゴリーが必要かも)

 

調べててもあまり情報はなかったけど、
 https://github.com/waveshare/TouchPiano
のIssuesに、この件が記載されていました。
添付されているスクリーンショットが、まさに今回のエラーそのもの。

これはもうWaveshare側でコードがバージョンアップされることを期待したほうがいいかな。

あるいは、公式でエラーを回避する方法を書いてくれると嬉しい。

 

余談だけど、micro:bitのホームから上記のURLを読み込んで、ファイルを直接ダウンロード(コンパイル)してみてもエラーになった。

最近micro:bitの方がバージョンアップしたみたいだから、それが原因かなあ。

やっぱり対応してくれるのを待つしかないか。

 

と言ってもこのピアノ基板にはブザーが付いているので、スピーカーの代わりにしてメロディを出すことならできる。

「音楽」のブロックを適当に並べるだけでそこそこ遊べる。

メロディの名称が一部わかり辛い。(でも一度聞いてみると納得できる)

 

しかし検索するとこのピアノ基板については公式のwikiページと、あとは販売しているサイトぐらいしか出てこない。

あんまりメジャーな基板じゃなかったのかな。
類似のmicro:bit用ピアノ基板は、スイッチサイエンスで取り扱ってるものがなかなかオシャレ。

 https://www.switch-science.com/catalog/4030/

こちらもいつか手に入れてみたい。

Sponsered Link

コメント