Le Potato(その8)

eMMCにUbuntuを書き込みした後の話、ちょっとした感想だけメモっておく。

無事書き込みできたので、しばらく普通に使っていた。

 

書き込みした直後はSDカードを引っこ抜いて再起動。
最初はSSH接続で起動確認。
そういえばUbuntu 18.04でSSH接続できない不具合は、最新のイメージファイルでは起きてない。
有線でも問題なくネットワーク接続できてるので、Le Potato用公式のUbuntuは9/19以降のものを使ったほうがいいと思う。

 

せっかくなのでHDMI接続でGUIでの動作も確認。
最初の起動がやたら時間がかかるものの、次からはそこそこ早く起動します。
ただ、一度起動中にフリーズしましたが。
(パスワード入力後、戻ってこなくなった)
しばらく待っても基板上の青いLEDが点滅しなくなったら、どっかで止まってると思ったほうがいい。
そうなったら電源(USB)引っこ抜くほうが早い。

 

起動後はアップデートや環境の構築が一から必要。めんどくさいけどしかたない。
あと気になるのは、起動するたびにUbuntuに問題があるというアラートが出ることかな。
無視しても問題ないけど、うっとおしい。
これはバージョンアップ待ちするしかないと思う。

 

やらなくてもあんまり問題なさそうだけど、現在メニューは日本語環境にしてる。

でもまだ日本語入力はできない状態。あんまり必要ないもんで。

肝心のスピードですが、2度目以降の起動は明らかに速いなと思ったぐらいで、それ以外は正直それほど速さは感じない。
動画の再生も、ちょっとは良くなったかな…という感じ。
計測して数字で出せばもっと解りやすいかもしれない。自己満足だけど。

 

個人的にはSDカードが不要になったし、本当の意味でワンボードマイコンだなということで結構愛着が湧いてきた。
せっかくGPIOピンもあることだし、Rspberry Pi同様他の基板とか接続して遊んでみたいと思う。

Sponsered Link

コメント