Le Potato(その7)

ようやくLe PotatoをeMMCで起動してみる試みの本番。

なんだかまたよけいなことで苦労した。

 

公式のページで情報収集…と思ったけど、深く潜らなくても先月の更新でツールができていた。
 https://libre.computer/2018/09/18/tritium-and-le-potato-ubuntu-and-debian-on-linux-4-18-8-and-emmc-support/
全然違うところを探してた。以前はeMMCからの起動ができなかった(…わけではないと思うけど、難しかった)のかな。

とにかくこれで現在のOSをeMMCにインストールして、起動するようにできるらしい。
現在自分のLe Potatoで使用しているOSは、オフィシャルで公開している最近のUbuntuを入れてあるので、たぶんこのコマンドは使えるはず。

 

しかし。

 $ sudo lc_redetect_emmc

 sudo: lc_redetect_emmc: command not found

入ってなかった…。

使ってたのはもうちょっと前のimgファイルだったらしい。

ちなみにもう一方のコマンドは使えるようで、

 $ sudo lc_distro_transfer

 Available Vendor/Model List:

 libre-computer/aml-s905x-cc

と、現在のボードの名称が出てくる。

 

もうめんどくさくなったので、別のSDカードにイメージ焼き直しました。前のはもったいないのでとっておく。

ダウンロードしたのは、

 http://share.loverpi.com/board/libre-computer-project/libre-computer-board-aml-s905x-cc/image/ubuntu/

から、

 libre-computer-aml-s905x-cc-ubuntu-bionic-xfce-mali-4.18.8-00954-gb84f70140360-2018-09-19.img

というファイル。

起動して、SSH接続できるだろうかと思ったら、意外にも普通にできた。

「Welcome to Ubuntu 18.04.1 LTS」となっていたので、OSのバージョンも問題ない。

 

なので改めて、SDカードで起動後にeMMCカードを接続し、

 $ sudo lc_redetect_emmc

 mmcblk1      14.9G

 mmcblk0      14.6G

 mmcblk0boot0    4M

 mmcblk0boot1    4M

これはどうやらeMMCを認識してるらしい。

eMMCを繋げてないと

 mmcblk1      14.9G

のみだった。

 

しかし、その後のコマンドでは

 $ sudo lc_distro_transfer

 Available Vendor/Model List:

 libre-computer/aml-s905x-cc

となるだけ。

 

もうちょっと古い記事に、

 https://libre.computer/2018/04/08/aml-s905x-cc-mainline-linux-preview-image-8-with-emmc-support/

があって、ようやく意味がわかった。

lc_distro_transferだけでベンダーと機種名確認後、emmc への書き込みをちゃんと指示しないといけないのか。

というわけで、Ubuntu18.04を書き込みたいので上記をUbuntu 18.04にしてやってみた。

 $ sudo lc_distro_transfer libre-computer/aml-s905x-cc /dev/mmcblk0 emmc lc-ubuntu-18.04-xfce

 Block device has mounted partitions! Please unmount them first! All data on that device will be erased!

 /dev/mmcblk0p3 /media/libre/57f8f4bc-abf4-655f-bf67-946fc0f9f25b ext4 rw,nosuid,nodev,relatime 0 0

 /dev/mmcblk0p14 /media/libre/57f8f4bc-abf4-655f-bf67-946fc0f9f25b1 ext4 rw,nosuid,nodev,relatime 0 0

 /dev/mmcblk0p13 /media/libre/system ext4 rw,nosuid,nodev,relatime 0 0

 /dev/mmcblk0p9 /media/libre/57f8f4bc-abf4-655f-bf67-946fc0f9f25b2 ext4 rw,nosuid,nodev,relatime 0 0

先にアンマウントしないといけないようなことが出てきた。

どうやらしばらくすると、

 $ sudo lc_redetect_emmc

 Device is currently mounted! Add -f to force rebind.

になるので、自動でマウントされてしまうらしい。

なので

 $ sudo lc_redetect_emmc -f

としてマウント解除。でもしばらくするとマウントされちゃうので急いで書き込む。

注)上記の自動マウントはSSHで作業すると起きません。解決方法が不明なのでGUIでの作業はオススメしない。

 

再度チャレンジすると

 $ sudo lc_distro_transfer libre-computer/aml-s905x-cc /dev/mmcblk0 emmc lc-ubuntu-18.04-xfce

 Invalid Distro Selection!

 Transferable Distro List:

 lc-ubuntu-18.04-headless

 lc-ubuntu-18.04-xfce

うーん、ファイル名とか間違ってないと思うんだけど。

で、フォーラムを検索して気付いた。

 http://forum.loverpi.com/discussion/comment/1137#Comment_1137

emmcって入れなくても良いじゃん。

 $ sudo lc_distro_transfer libre-computer/aml-s905x-cc /dev/mmcblk0 lc-ubuntu-18.04-xfce

これで書き込みできました。以下、その時のログ。

1+0 records in
1+0 records out
512 bytes copied, 0.00196577 s, 260 kB/s
1472+0 records in
1472+0 records out
753664 bytes (754 kB, 736 KiB) copied, 0.102591 s, 7.3 MB/s

Welcome to fdisk (util-linux 2.31.1).
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.

Device does not contain a recognized partition table.
Created a new DOS disklabel with disk identifier 0x1652f7d2.

Command (m for help): Created a new DOS disklabel with disk identifier 0xa480192c.

Command (m for help): Partition type
   p   primary (0 primary, 0 extended, 4 free)
   e   extended (container for logical partitions)
Select (default p): Partition number (1-4, default 1): First sector (2048-30535679, default 2048): Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (2048-30535679, default 30535679): 
Created a new partition 1 of type 'Linux' and of size 255 MiB.

Command (m for help): Selected partition 1
The bootable flag on partition 1 is enabled now.

Command (m for help): Selected partition 1
Hex code (type L to list all codes): Changed type of partition 'Linux' to 'EFI (FAT-12/16/32)'.

Command (m for help): Partition type
   p   primary (1 primary, 0 extended, 3 free)
   e   extended (container for logical partitions)
Select (default p): Partition number (2-4, default 2): First sector (524288-30535679, default 524288): Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (524288-30535679, default 30535679): 
Created a new partition 2 of type 'Linux' and of size 3.8 GiB.

Command (m for help): Disk /dev/mmcblk0: 14.6 GiB, 15634268160 bytes, 30535680 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0xa480192c

Device         Boot  Start     End Sectors  Size Id Type
/dev/mmcblk0p1 *      2048  524287  522240  255M ef EFI (FAT-12/16/32)
/dev/mmcblk0p2      524288 8388607 7864320  3.8G 83 Linux

Command (m for help): The partition table has been altered.
Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

mkfs.fat 4.1 (2017-01-24)
btrfs-progs v4.15.1
See http://btrfs.wiki.kernel.org for more information.

Detected a SSD, turning off metadata duplication.  Mkfs with -m dup if you want to force metadata duplication.
Label:              SYSTEM
UUID:               9f532684-0169-4e54-916b-39e95d48a03c
Node size:          16384
Sector size:        4096
Filesystem size:    3.75GiB
Block group profiles:
  Data:             single            8.00MiB
  Metadata:         single            8.00MiB
  System:           single            4.00MiB
SSD detected:       yes
Incompat features:  extref, skinny-metadata
Number of devices:  1
Devices:
   ID        SIZE  PATH
    1     3.75GiB  /dev/mmcblk0p2

At subvol /tmp/tmp.qXyN8jopY1/@lc-ubuntu-18.04-xfce
At subvol @lc-ubuntu-18.04-xfce
Create a snapshot of '/tmp/tmp.JfZnmnQ80j/@lc-ubuntu-18.04-xfce' in '/tmp/tmp.JfZnmnQ80j/@'
DEVICE /dev/mmcblk0 READY!

これで書き込み完了っぽい。

疲れたんで、起動確認とかはまた別途メモる。

Sponsered Link

コメント