OrangePi PC Plus(その4)

またSBCに話を戻して、やった事メモ。

 

なんでわざわざOrangePi PC Plusを引っ張り出したか思い出したので初心に帰る。
OrangePi PC PlusはeMMC Flashから起動できるんだった。
参考用のドキュメント再び。
 https://docs.armbian.com/User-Guide_Getting-Started/

 

これならSSH接続でいいかと思ったら、また繋がらなくなっていた。

テレビが使用中だったので、7インチのLCDで起動。文字が小さい。

ここで気付いたんだけど、デフォルトではネットワークに接続していなかった。

こっちの画面でケーブル接続を選択しておいて、改めてLanScanを確認したら、ちゃんとIPアドレスが確認できた。

せっかくなので設定(armbian config)でケーブル接続をデフォルトにしておいた。

wifiで使いたいときは、また設定し直そう。

 

長々と苦労したけど、ようやくeMMCにファームウェアをインストールする。

armbianでeMMCへのインストールは以下のコマンドだけでいい。
 $ sudo nand-sata-install

nand-sata-installだけでいいって書いてあったけど、やっぱりrootでないとダメだった。

当たり前か。

 

で、インストール画面が起動するけど、デフォルトでOKしておけば問題ないと思う。

途中でファイルタイプが4種類の中から選べる。

  • ext2,3,4
  • btrfs

デフォルトでext4だったのでそのままにした。

 

その後インストールが始まるんだけど、結構時間がかかる。1時間とはいかないまでも、30分ぐらいかな。

完了したらPowerOFFして、SDカードを引っこ抜いてからまた電源を入れてみる。

これで起動したら完了。

 

まだ何かしらのアプリを起動したりはしてないけど、SSH接続でも問題なかったしこのまま使っても大丈夫そう。

イメージを入れたSDカードを挿すとそっちからブートしちゃうらしいので、フォーマットしたSDカードならストレージとして使えるんだろうか?

他にも確認したいことがいっぱいあるので、まだ続く予定。

Sponsered Link

コメント