Le Potato(その4)

Le PotatoとOrangePiのせめぎ合いで連休が過ぎました。
OrangePiはちょっと置いといて、いきなりLe Potatoをいじっていた。
テレビでYouTubeを見ようと思ったらサービスが終わってたんで、Linux入れたボードでブラウザ起動して見ればいけるかな、と、単純に考えた。

Le Potatoなら映像系に強いと聞いたんだけど、実際に確認したことはない。
(まあ自分が持ってるOrangePiよりは確実に良いと思う…)


以前Android入れて満足してたけど、Le Potato用のUbuntu 18.04もリリースされているのでいじってみたい考えもあった。
 https://libre.computer/products/boards/aml-s905x-cc/
Ubuntu 18.04 Bionicなら他のボードにも使ってるんで、わかりやすいだろうと思いさっそくSDカードに焼いて起動。
最終的に居間のテレビで使いたいんで、セッティングもそこで行うことにした。


起動したらいきなりログイン画面。

パスワードは「computer」。
非常にシンプルに、問題なく起動できたので正直メモする必要はなかった。

ただ、右上をクリックして出てくるメニューからでは設定できなかった。
各種設定は画面上を右クリックして出てくるメニューの一番下、「Applications」のところから。

ドングル挿してwifi使えるようにしたり、一応日本語設定したり(でも反映されない、これは課題)と必要最低限の準備は整えた。

ブラウザはFirefoxをインストールしようと思ったんだけど、既に入ってたのでそのまま起動。
YouTubeのページで動画再生。が、854x480でも音声のみそのままで動画は時々止まる。
うーん、ネットそのものがヘタレなので、リアルタイムの処理は重いな。

 

試しにyoutube-dlでYouTubeの動画を落としてきて再生してみたところ、最高画質でも画面を3分の2ぐらいのサイズにすれば問題なかった。

(youtube-dlについてもめんどくさいことがあってメモっておいたので、また別途整理する)

さすがに42インチのテレビ画面いっぱいに再生するとキツかったらしい。

 

でも手持ちのSBCの中では動画の再生能力は悪くない。数字じゃなくて体感で、だけど。

しかしハード的な問題より、OSのほうが関係してそうな気がするな。

Ubuntuのバージョンを下げるか、Raspianを使ったほうがもしかしたら良かったのかも。

それとSDカードの容量が小さいのがまずかったなあ。動画を落とすならもっと大きいのにしておけば良かった。

それの対策もいずれ考えよう。

Sponsered Link

コメント