M5STACK(その10)

実は昨日の問題がまた発生したんだけど、何度も書き込みするのが面倒になったので別のM5Stackを引っ張り出した。

たくさん買っておいてよかった。(と、前向きな考え方をしておく)

 

接続したかったのは先日スイッチサイエンスで購入した、M5Stack用USBホストシールド。

 https://www.switch-science.com/catalog/3919/

9/8時点で既に在庫なしになってる。早めに買っておいてよかった。

ときどきM5StackをUSB機器と接続して使ってみたいことがあるので、ブレッドボード上でなんとかしようとしてたんだけど(実際、やってる人がいた)、やっぱコンパクトにまとめられてるのが欲しかった。
機能は言わずもがな、M5Stackの小さいサイズの良さが生かされてるのがいい。

 

今回の動作確認に使ったのは、よくあるBluetoothのドングル。

ESP32ってBluetooth(BLEか?)搭載だったような気がするので実際には使わないかもだけど、何がいいってお手軽に接続できるところ。

何よりドングルも小さいので邪魔にならないし。

 

事前準備として、USBホストシールドのライブラリをダウンロードして追加。

 https://github.com/felis/USB_Host_Shield_2.0

この中にあるサンプルスケッチの、Bluetooth/SPP.inoを使用。

中を見るとわかるけど、Bluetoothで送られたデータをシリアルモニタにエコーバックするだけの単純なスケッチ。

これをちょびっと書き換えて、M5Stack用にした。

ライブラリのSPP.hもいじって、69行目の

        SPP(BTD *p, const char *name = "Arduino", const char *pin = "0000");

を、

        SPP(BTD *p, const char *name = "M5Stack", const char *pin = "0000");

にし、ペアリングの時にM5Stackが出てくるようにした。

スマホから見るとこんな感じ。なんか嬉しい。

スケッチもシリアルモニタに表示させるところをM5Stackの画面に出るように書き換えて、コンパイルして転送。

お手軽にスマホからデータを送りたいので、「S2 Terminal Bluetooth Free」をインストールした。

アプリを起動し、ペアリング済みのデバイスからM5Stackを選択。

M5Stackと接続できた状態。

試しに「test」と書いて送ってみると…

なんだこりゃ。

と思ったけど、そうかASCIIコードになっちゃうのか。そこまで考えてなかった。

 

でも一応動作確認はできたのと、意外と簡単だったのでとても楽しい。

やりたいことはたくさんあるんだけど、自分の知識が追いついてないので、今回のようにサンプルスケッチをカスタムして実験しつつ欲しいものを作っていこうと思う。

Sponsered Link

コメント